2019年 冬のコートは何を買う? 50代が選ぶ基準とは?

IMG_7759

IMG_7775

ブラウス: DoCLASSE(ドゥクラッセ)
パンツ:tomorrowland
バッグ: TORY BURCH MUSE&COで
パンプス:オディットエオディール

足元。

IMG_7772

アクセサリーは パールとビジューのピアスのみで。

IMG_7758

今年の冬、コートは何を買う?

話変わる。

先日 有名なスタイリストさんが

「秋冬のファッションって、最初に『今年のコート』を買ってしまうと、全部のアイテムがそのコートに合わせていけばいいから買い物楽よ」

というコメントをしていたのを読み、なんと合理的な・・・と感嘆。そうか

コートをまず買ってしまう

というやり方もありだなあと思った次第。そこで早速早めに今期はオンラインで色々コートをチェックしてみた。

その前に 今持っているコートをおさらいする

何度もこのブログや DRESSのファッション記事でも書いている通り、私はクローゼットに吊るす冬のコートの所持数は

5着

と決めている。新しく買って、

「新人ちゃん仲間入り~♪」

する際は、誰かを

「お疲れ様退職を勧告!(別名 肩たたき?リストラ?)」

させていただく。そうして、クローゼットのコートというジャンルの新陳代謝を滞りなくさせてきた。

この、やり方、メチャクチャ快適。

・毎年新しいコートを買う言い訳になる(←最大理由)
・毎年新しいコートが着れてメチャクチャうきうき♪する
・毎年ダサイ流行遅れの古びたコートを1着ずつ処分できる
・毎年買ってもクローゼットのコートの量は5着。収納に悩まない
・毎年5着のコートを着まわせるので飽きない
・毎年5着あればどんなシーンにもほぼ対応可能

というメリットが。

毎年、手持ちのコートを全て買い替えるなんて大富豪のようなことはできないし、かといって ALL 古びたコートを着るのも冬が楽しくない・・・よって総所持数5着、古いの1着処分、新しいの1着買う。このサイクルを数年繰り返しているのである。

詳しくは こちらの記事をどうぞ!

↓↓

50代のコート選び どうやって考える?

今持っているコートは?

既に熟慮を重ねて、かなり絞られてきた私のコートのスタメンたち。覚え書き兼ねて一挙陳列。

①紺のロングコート ウール SLOBE INEA

IMG_0564

ややチェスターコートっぽいストレートなコート。なんにでも合う。残し。

②グレーのウールのトレンチコート INED

IMG_0449

トレンチでも柔らかなウール素材が着やすい。ビジネスシーンにGOOD。ただ、これ、自分に似合わないなーとずっと思っていた。私の骨格に合わないの。処分対象候補。

③キャメル色(リバーシブル)のロングコート Unaca

IMG_0393

リバーシブルなのが便利なロングコート。暖かい。

④グレーのツイードのコート Ballsey

IMG_0144 (1)

かなり長く着ているツイード素材のコート。丈はひざぐらいかな。形も古めなんだけど、これ、Ballseyらしさが炸裂していて、生地が可愛いので処分できず。

⑤アイボリーのロングコート UNTITLED

DSC_6743

もう何年着ているんだろう・・・10年以上だと思う。着るたびに必ず褒められるので、
なんだか捨てられないので残っている。男子受け、半端なし。のコート。

番外:タトラスのダウンコート MUSE&COで

去年買ったダウン。MUSE&COだと定価よりはるかにお得に買えた。やっぱり一枚あると便利。スキーとか温泉の時とか。日常街中で着ることはあまりなし。

DSC_5451

番外編② ショートコート J&M DADIDSON

去年 ギルトGILTでお安く手に入れたJ&M DAVIDSONのコート。

IMG_2704

これ例外で衝動買いしたので、5着以外の枠に鎮座はまっている。。。コートというよりは「冬のジャケット」というカテゴリーでお許しを。(*_*)

コートの処分する時の判断基準は?

私がコートを処分する時の判断基準。

①形が古臭い(流行遅れ)
②傷んでいる、擦り切れたり汚れたりしている
③自分に似合っていない
④重い、肩が凝る、チクチクゴワゴワする 不快コート
⑤着ていく場所がない 出番がない
⑥着てもなんとなく気分が沈み込む

毎年これら5つの判断基準に該当するものを「お疲れ様、リストラ勧告」してクローゼットから去って行ってもらっている。行先は身内だったり、リサイクル古着買取申し込みだったり。

今年は③の理由。で グレーのウールトレンチを手放すことにした。

IMG_0449-1

INEDのものですごく上質なコートだし、まだ全然新しい。これは古着買取サービスへ。

2019年 新しいコート、何を買うか?

一つ処分できたことで、枠が一つ空いた。(ような気がする。無理やりW)そこで、改めて今年用のコートは何を買うか楽しく悩む。

もうご覧の通り、ほとんどの場面シーンで対応可能なので、特に「こういうコートが必要」というものはない。要するに、「今のままで十分一冬生きていける」要するに「新しいコート買う必要、ないんじゃね?」という状態である。

わかっている。いわれなくてもわかっている。それでも新しいコートが欲しいのである。女は。新しいコートがあれば寒い冬の朝も6時に起きて通勤電車に乗れるのである。

・・・・・・・・言い訳はもういいから、新しいコート選びのクルーズへいざ出陣!

とにかく軽いコートが欲しい!

デザインや色が凝ったお洒落なコートが欲しいなと思う気持ちもあるのだが、実は今期切実に欲しいと思うのが

軽いコート。

ウールに裏地が付いたロングコートって、皆さまご存知の通り、本当に重いのよ。体力があった若いころはその重いコートを肩に乗せて一日中銀座とか青山とかを歩き回れたのだが、もう無理ゲー

家に帰ると「何か取り憑かれたんじゃ・・・」と思うくらい肩がズシンとツライ。それはコートのせいなのだと思う時が増えてきた。

よって、「軽い」「暖かい」コート。そして

「着ぶくれせずスタイリッシュな痩せて見えるコート」

これが狙い定めるコートのコンセプトだ。

何事もテーマを決める、コンセプトと決める、企画書を作る、大事大事!( `ー´)ノ

Doclasse のコート、いいもの多し!

ネットでまずはリサーチ。Doclasseのコートに目が留まる。

今日着ているブラウスもDoclasse。
実店舗もあるけど、オンラインが何といっても見やすい。

・検索性

・一覧性

・そして在庫も一目瞭然。

・モデルさんが着ている写真を見てザっと絞り込める。

オンラインだと もちろん試着が出来ないが、Doclasseのサイトだと返品が無期限で何度でも可能のため、その点は少し安心。交換ならば送料も無料なのでさらに安心。

DOCLASSE コート

なんといっても、品質はしっかりしているのに、定価が抑えられているのが魅力。これならちょっと変わった形や色のものも買える。

ダブルフェイスコートは着やすい!

↓これ狙っている。ダブルフェイス(裏地がなく、両面薄いウール生地だから着やすい)


ダブルフェイスのAラインコートチェック

fkfsldj

メンズライクなチェックなのにAラインで裾フレア。しびれる。

とにかく軽いのに暖かい!マジカルサーモ

DOCLASSEさんの名品、マジカルサーモ。
これ、軽くて暖かいとネットで去年評判になっていた。
これを今期試してみたいなと検討中。

u-ru

コート選びの予算は? いくらぐらいのものを買う?

デザインはもちろん、どのくらいのグレードのものを買うかも50代は悩みどころ。これも考え方を整理してみよう。

A:1年限り!と割り切って、バシバシ 毎年流行のコートをプチプラで買う。

B: 上質なものを買って 長く大切に着る。

C: とにかくブランド重視!人に背中のタグを見られるコートだから、ドやれるハイブランド(セリーヌとか?)のものを!

という選択基準がここに存在する。私はAとBの組み合わせかな。上質でいいもの、流行のものを上手く予算に合わせてシーズン最後のセールも使って買うタイプ。

C重視の人は、普段はALL ユニ★ロかGU、レストランの時だけC、というわかりやすい使い分け。(あっぱれ)

ちなみに、私はもう何十万円もするコートを「一生ものだから・・」と買うのは無駄かなと思っている。

というのも、30代のころMAXMARAの20万円のロングコートを買ったけど、長くて重くて処分した経験があるから。本当にいいコートだったけど、MAXMARAのブームも過ぎ去り、周りに聞いても誰も要らないって。涙。で処分(古着リサイクルショップへ)。そんな悲しい経験から。「一生もの」というのはコートに置いては残念ながら無いのでは?と思っている。「一生もの」というのは和服と宝石以外にはない。洋服にはないと思う。ちなみにバッグもないと思う。

・・・・話がずれるので元に戻す。

要するに、ウキウキできる軽くて暖かい今年のコート。コンセプトとテーマはこれに尽きる!この基準でしばし選んでみようと思う。

50代に最も必要な 条件、それは

「軽さ」

重いと絶対に着なくなる。健康を害する重さ、家に帰ってきて一刻も早く脱ぎたくなるコートなど要らない。きっぱり。

軽くて、お洒落で、今っぽくて、着やせして見えて、暖かく。そんなコートをしばし探してみようと思う。

買ったらまたご報告します!(^O^)/

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう~↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る