朱赤のニットとパンサー柄ハイヒールのコーデ

IMG_7784

IMG_7792

朱色のニットカーデ:ノーリーズ
ベージュのスカート:tomorrowland
靴:ストロベリーフィールズ
バッグ:MARCO MASI FLAGSHOP eclatオリジナル

本日、朱赤のニットを軸にコーデ。

この朱赤のニット、先日はカーキ色のベイカーパンツと合わせたが、
IMG_7384

今日はキレーメにベージュのロングタイトスカートとコーデ。
そして、「朱赤とパンサー柄は相性GOOD」の法則により、
足元はパンサー柄で。きまり。

IMG_7794

(ストロベリーフィールズの靴はどこかコケティッシュ。
GLADDでよくセールが出ているのでチェックしてる。)

こうなると、悩むのがバッグの色だ。

案① 黒いバッグ
→重い、重すぎる。コーデが台無し。

案② ヒョウ柄のバッグ
→合わせ過ぎ、やり過ぎ感出るのでNG.

案③ ベージュのバッグ
→スカートのベージュとドンピシャ同じ色ならいいが、そうでないとかえって野暮ったくなる危険。

こういうTOPSと靴に既に存在感のあるアイテムが来ると、もうバッグはかなり選択が難しい。

そこで、本日発見した解。

IMG_7788

シルバーのバッグ、ナイス!(*’▽’)

コーデの邪魔にもならず、全体に溶け込む。素材が光っているということでいわゆる「シルバーのアクセサリー」状態だ。だから当然合う。

この巾着バッグ、カジュアルに合うのだが、こうしてキレーメ女らしいコーデでも大丈夫。紐が長く、持つと全体的にすっきりと縦長のイメージになるので、スタイルアップの目の錯覚効果もある。(多分)

アクセサリー。

IMG_7783

50代に停滞したファッションに、

シルバーのバッグは効くぅ。

今日の改めての発見。

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう~↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る