ふるさと納税は楽天がお勧め! コツや注意点は?

楽天で ふるさと納税 始めます!

私
重い腰を上げて ふるさと納税を真剣に始めることにしました!

まわりのマメな友人や叔母が

「なんで霧香ちゃんやらないの?
やらない理由がないよ~」

と言うのだが、めんどくさくて手を付けていなかった。

今年こそ!!色々勉強してやってみることを決意!そして楽天ふるさと納税で貯まったポイントでまた服を買うのだ!!(*´▽`*)楽しみぃぃ←

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、ご自身の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度です。

寄付による支援をすることで税金の還付や控除を受けられ、
さらに特産品などのお礼の品がもらえるうれしい仕組みです。
(※楽天ふるさと納税サイトより引用)

ふるさと納税 誰でも出来るの?

✅所得があり、税金を納めている方なら誰でも出来る。
✅税金を納めていない方は出来ない。
(というかする必要性がない)

よくあるケースが「専業主婦で扶養されている妻が夫の代わりにふるさと納税の手続きもろもろを行う場合」。この場合も、夫の名義で、夫の楽天IDで行うことがポイント。

ずばり ふるさと納税のメリットは?

①応援したい自治体を自分で選んで納税出来る!

住んでいる所に納税するのが当たり前だった時代は終わり!出身地や、実家のある都道府県、もしくは個人的に応援したい!と思う地方や自治体に納税出来る。

②自己負担2,000円のみ特産品もらえる!

ぶっちゃけ、もちろんこれが一番楽しみだし、嬉しい!(笑)

娘は「絶対いくら!頼んで!!」とリクエスト。

現在ランキング一位!のお肉↑。すごいおいしそう。

↑お弁当作っているご家庭はお米はあっという間になくなりますよね!
定期便で送ってくれるサービスは神!
納税して感謝されて、お礼にその産地の美味しいもを送ってもらえるなんてサイコー!心温まるやりとりだ。

楽天ポイント貯まる&使える

ふるさと納税はもちろん他にもいろいろなやり方があるけど、楽天でやるとポイント貯まるし、そのポイントが使える。

巷の噂では、

「楽天でふるさと納税→ポイント貯まって→それでまた買い物して→またポイント貯まる、という楽天ループに入る。こうなるとふるさと納税&楽天ポイントだけで日々の暮らしのお米やお肉の食料品を賄えてる人がいる」

という噂。ほんとでしょうか・・( `ー´)ノ

ふるさと納税のデメリットは?

ない。

私
自己負担金2000円かかるって聞いたけど、損するような気がするけど・・・?
✅2000円以上価値がある返礼品をもらえるから逆に得。✅楽天ふるさと納税サイトで行えば、楽天ポイントが実質2000円以上もらえることが多い。
(※0と5の付く日などポイントアップの日を狙う)

ただメンドクサイ、といえばメンドクサイ。どこの自治体に納税するか選んだり、書類を整えたりするのはちょっと面倒かな?(←私)

あと、お肉とか魚介類を返礼品に選ぶと「冷蔵庫と冷凍庫がキャパオーバー」問題はある。

ふるさと納税ベテラン者は言う。

「9月ぐらいから少しずつバラケテ注文するのがコツよ、年末に焦って注文しないこと」

だそう。

「定期便を頼むのもコツ!」なるほど。

ふるさと納税は12月31日までに行うこと。

そもそも なんで楽天でふるさと納税?

私
そもそも何で楽天で納税が出来るんだ?

楽天ふるさと納税は、特定事業者として国税庁長官より指定されている楽天グループ株式会社が運営するポータルサイトです。

国税庁長官より指定されている特定事業者は他にも沢山ある

納税って、自分で各自治体のホームページ見てお金振り込んで証明書を郵便でもらって・・・みたいな複雑な手続きをしなくてはいけないイメージ。。。でも楽天ふるさと納税は、ちゃんと国から認定されているふるさと納税の特定事業者なのだ。

よって、以下のふるさと納税手続きがすべて「楽天サイト」上で完結する。

楽天5

私
最後の書類まで楽天からダウンロードできるとか神!

ふるさと納税 ありがちな勘違い

×ふるさと納税すると「節税」になるって本当?

一言でいうと、次の年に普通に住民票がある居住地に納める税金を前倒しで他の自治体に納めているだけ。そもそも払うべき税金をがくんと安くする、いわゆる「節税」になるわけではない。

(※年末に赤ちゃんが生まれたりして扶養家族が増えたりすると、年末調整で税金やたら減りますよね?あういう類のものではないので勘違いなきようご注意を。)

▲証明書を集めるの面倒じゃない?

ちょっと前までは各自治体からバラバラに書類をもらったて確定申告する必要があった。でも今はサラリーマンの方対象に「ワンストップ特例制度」というのができ、格段に楽に。

また、個人事業主やフリーランスの方のように、どっちみち確定申告している人は令和3年から法律が改定されて激楽に!

以前:確定申告書に「寄附金受領証明書」の添付が必要だった

令和3年分の確定申告から:
「寄附金控除に関する証明書(電子データ)」を添付することでOK。このデータは楽天からダウンロードできる。

※この制度については長くなるので後日ちゃんと勉強して追記します!

納税上限額がいくらなの?わらかない

一番問題になるのは、納税の前倒しなので、「自分が一体いくらまでふるさと納税できるのか」があやふやなこと。(税金ってあとからわかりますからね・・)

楽天でシュミレーション可能!

モー至れり尽くせり。楽天サイトではこの納税限度額のシュミレーションツールまである。

楽天で簡単シュミレーションはこちら!

↓例:子供二人ご主人の年収1000万の専業主婦(扶養内パート含む)の家庭

楽天3

共働きで二人とも会社員、扶養家族なしの場合。

rakuten

当然、正確には出ないけど目安にはなる。
ぜひ一度
こちらのシュミレーターでトライ!

楽天で簡単シュミレーションはこちら!

キャプチャ

ふるさと納税 とにかく一度やってみる!

色々勉強したり、人から話を聞いた。

「とにかく一回やってみなよ~慣れると簡単!」とみんな言う。

夫は、仕事上お世話になってる地方の自治体があり、そこにピンスポットで毎年定額寄付を続けているそう。(たまに野菜や果物届くのはそれだったのか。知らんかった・・)「寄付金一覧名簿」なるものに当然名前が載るのですぐに担当者にわかり、感謝されるらしい。

ふるさと納税、これから少しずつ楽天でやってみようと思う。食べ物以外にも色々あるので、「こりゃいい!」というもの発見できたらブログでも書いていきますね!(*´▽`*)

※まだ不慣れで勉強中。さとふるの公式サイトや楽天の特設ページを見て一つ一つ確認しながら書いています。後日色々わかったことや、万が一間違って書いてしまったことは随時訂正追記していきたいと思います!

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る