J&M DAVIDSON カーニバルのコーデ②

スポンサーリンク

IMG_0091

黒のパール飾り襟カーディガン:tomorrowland
ブルーのウールのタイトスカート:IENA(今期のセールで購入)
バッグ:M.カーニバル CARNIVAL BLACK (J&M DAVIDSON )MUSE&COで購入

本日、カーニバルのコーデ演習。

カーニバルはカジュアルなコーデに合うのは間違いないが、果たして綺麗目なコンサバファッションには合うのだろうか?

・・・という疑問を抱え、今日のコーデを組み立て。

IMG_0108

レースアップブーツ:アーバンリサーチ

パール飾りのカーディガンにタイトスカートというド・コンサバな格好にパンプスだとつまらないので、ラメタイツにゴツめなブーツを。

甘辛MIXバランス。

IMG_0097
コート:INED
ストール:ジョンストンズ

IMG_0100

↑サイズ感がわかりやすい写真ですね。

ウールトレンチにもばっちり。コートの季節はやっぱり長いストラップを付けた方がいいですね。肩に掛けやすい。

IMG_0115

IMG_0111

革手袋ともコーデ。

カーニバルは、タイトスカート+カーディガンにも合わせられる

今日、コーデのエクササイズを行い、分かったこと。

カーニバルは、コンサバにも合わせられる。
ややスイートなコーデにも合わせられる。

その際に、ガチガチのコンサバでなく、どこかちょっと外すと尚よし。

・・・・いや、逆だ。

コンサバでお固くまとまってしまう、ツマラないコーデに、
逆にカーニバルが外しをプラスしてくれる。いい具合に。

50代ってどうしても 普通に服を着るだけではモッサリする。
きちんと服を着れば着るほど保護者会じみる。
端正な服を着ると休みの日でもお仕事通勤OLになってしまう。

そこに外しを豆乳、あ違った、投入。

そこがこのバッグが愛される理由なのかもしれない。

バーキンや、マトラッセや、ピーカブーー持つよりも、
全体の印象が若返る。

でも決して子どもっぽくなく、安っぽくなく。

それがカーニバル。

引き続き、カーニバル CARNIVAL のコーデ演習やってみます。

カーニバルの詳しい説明レビューはこちらの記事で

ファッションブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る