J&M DAVIDSON カーニバル サイズ選びは?使い勝手は?

スポンサーリンク

DSC_8375

DSC_8388

DSC_8402

紺のタートルニット:ギャルリーヴィー
中に着たブルーのシャツ:ドゥーズイーエムクラス
ワイドデニム:YANUK
ツイードのコート:tomorrowland
黒のブーツ:GJG モードエジャコモ
ストール:ジョンストンズ
黒のバッグ:M. CARNIVAL BLACK (J&M DAVIDSON カーニバル)

靴はごつめのハーフビーツ。

DSC_8404

アクセサリーはシルバーで。

DSC_8379

J&M DAVIDSONの カーニバルを買いました

J&M DAVIDSONのVIVIバッグをMUSE&COで買ってから、すっかりこのブランドのバッグのファンになった私。

次なる獲物は、、、カーニバル!

DSC_8400

数年前に、このカーニバルはブームがあり、お店では完売店が続出。手に入れるのも困難だった時期があった。

今はその騒ぎも落ち着き、すっかり定番品化したかな?という感じだ。

ここまでブームになったのは訳がある。

この円柱形の独特の形。他にはない。裾のフリンジがひらひらとするデザイン。
巾着形式の出し入れ口。肩に掛けられる長いストラップと手に掛けられる編みひも。

とにかく文句なしにカワイイ!! のだ。

表参道あたりのカフェで、オシャレな女の子が持っているのを良くみかけるし、私ぐらいの年代の方でも、カジュアルな格好に合わせてカッコよくお持ち。

「いいなあ、素敵だなあ」と思いつつ、ただ、
「あんなに小さいバッグ、使い勝手悪いんじゃないかしら。。」

という不安があった。

ところが、これ、使ってみると、ものすごく使いやすいバッグだということが判明。

カーニバルの使い勝手は?
実は小さいのに、、使いやすい!

カーニバルの機能面の優れた特徴をまとめてみた。

自立する。(←私のバッグ選びで重要項目)
上から出し入れできる(←これも重要)
③底面面積が大きいので見た目よりかなり収納力がある。
④間口は狭いが、財布やスマホをすべて縦に入れると、ビシッと整列、取り出しやすい
軽い
⑥ショルダーにも手持ちにしても持ちやすい

という隠れた機能面の秀逸さが、1日に持って分かったのである。

カーニバル、どのくらい収納容量はあるの?
長財布は入る?

どのくらいのモノが入るのか。
私の見苦しい私物を使って解説しよう。

カーニバル Mサイズに入るもの

DSC_8444

上記、全て入る。
さらにこれにもちろんハンカチとティッシュも入る。
そして、老眼鏡も入る。(笑)

DSC_8439

見た目はこぶりでキュートなのだが、底面の直径が17cmあり、かなりの容量なのである。 DSC_8456

見事にスッポリ。入りました。
そしてこのように、全部立てて入れると、
取り出しやすく、見やすい。

余談:

財布やスマホケース、ポーチなどを全部黒にしたり、同じブランドでお揃いの色・革素材で統一している方もいるが、私は無理。
夜や暗い所で、カバンの中からお目当ての物を取り出す時に、どれがどれだかわからない。至極不便極まりない。一目で、一触りで分かるように。全部 色と素材を変える。その方が取り出しやすい。と思う。

カーニバルMに入らないものは? 長財布は?

DSC_8466

×ペットボトル
×A4の書類・雑誌
×ipadなどの大きいタブレット
×大きい長財布(無理くり入るけど、ちょっとパツパツ?)
×お弁当箱

ペットボトル、入れてみたら頭が飛び出してダサイのなんのって。(笑)
長財布もギリギリ入るが、ちょっとキツイ感じである。

カーニバルは大きさで迷う! MとLどっちがいい?

実はカーニバルには大きさのバリエーションがある。

ミニサイズ、とMとL。

ミニはかなり小さいので、普段使いは難しいと思う。

私のは Mサイズ

長財布の方はLサイズをお勧めする。高さが3cm、 Mより大きい。

(注意:Lサイズは、取り外し可能な長いストラップは ついていません)

ただ、デザインとしては小さい方が断然可愛いかな?と思う。

Mサイズにして、あとの荷物はサブバッグを持つ方法もある。
ちょっとしたお出かけには、もうこのMサイズのカーニバルで十分。

私は、小さいバッグを持ちたい一心で、
昨年、長財布を折りたたみ財布に変えた。

DSC_0629

カーニバルは何色がいい?お勧め?

カーニバルは、色もたくさんある。

aaaaa

オリジナルでも多色展開だし、いろんなファッションブランドが、別注で独自の色も作らせているので、カラーバリエは多い。

黒、ベージュの定番の他に季節ごとにピンクやネイビーとかグレージュ色とかも見かける。伊勢丹に行くと、シルバーもあって、色選びにも迷うところである。

ただ、一年中持てて、色々なテイストのファッションい合わせやすいのはかな?と思う。

スイートな恰好が多い方、ベージュ系のコーデが多い人はベージュもいいと思う。

「人と違う色がいいわ」と言う方にはネイビーかグレージュがお勧め。オシャレ!

どの色も文句なしにおしゃれでかわいいのである。

カーニバルは、色違いで同じものを買い足す人が多いことで有名。
それはひとえに「使いやすい」ということを実感した人がリピーターになるからであろう。

J&M DAVIDSONのカーニバルの人気の秘密は?

カーニバルがここまで大人気になった理由。
私自身が1日持ってみて実感、納得した。

・可愛い。
・使いやすい。
軽い。
・デニムにも 綺麗目ワンピースにも合う。

・そして 気分、アガる!

ハイブランドバッグのような「ドヤ感」とは別次元の満足感。
それがこのカーニバルにはある。
それは「上質なカジュアルさ」と表現できよう。

J&M DAVIDSON VIVIと比較!

私が夏に買ったVIVIもそうなのだが、細部まで本当によくできている。
革の質も◎。

DSC_8473

同じJ&M DAVIDSONのVIVIと並べてみる。VIVIが大きいのがよくわかる。

カーニバルの白は汚れ注意!底面に鋲がない!

DSC_8474

機能面で違うのが底。カーニバルは鋲がない。

床や濡れたテーブルなど、キタナイ面に直置きは厳禁だ。白いカーニバルを買うと、このあたりがネックだと思う。

白のカーニバルは可愛いが、底面の汚れに神経質になる必要がある。注意!

カーニバルのストラップの長さは?
肩に掛けられるの?

カーニバルには2つのストラップが付属している。

DSC_8436

短い方は肩に掛けられる?

アミアミの短い方はバッグの両脇に固定。

DSC_8461

↑のアミアミの短めストラップは、薄着の季節ならギリギリ肩に掛けられるが、厚手のニットや、コートを着ていると厳しいと思う。

長いストラップは、取り外し可能。

DSC_8435

DSC_8437

長いストラップはちょうど肩に掛けるのに適した長さ。
ただ、ポシェットのように斜め掛けは難しい。

カーニバルのディテールは?

その他、ディテール。

DSC_8462

出し入れ口は巾着袋形式。中身がだらしなく見えるのが気になる時は、こうしてひもを縛ればほぼ見えない。

DSC_8460

全体的に革が柔らかく、薄めなので、軽いのが特徴。

横から見たポロポーションも可愛い。

DSC_8457

底から見た姿。このフリンジがとにかくカワユイのだ。

DSC_8440

↑なんだか ライオンの顔を書きたくなったけど、、、我慢(笑)

カーニバルの配送時の付属物は?

MUSE&COから送られきた段ボールには、不織布に入れられて乾燥材と一緒に入っていた。

DSC_8431

DSC_8429

DSC_8432

DSC_8434

型崩れしないように丸い詰め物×2、保存袋。ショルダーストラップは別で巻いてビニール袋に入っていた。

DSC_8469

保存時はこの丸い詰め物をちゃんと入れて、保存袋に。
型崩れしないように気を付けねば。。。

  カーニバル、コーデのポイントは?

カジュアルにもコンサバにも合わせられるが、
紺のスーツをビシッと着込むような、バリバリのビジネスシーンには不向き。
「やる気あんの?」と思われる危険が。(笑)

その他はデニムでもワンピースでも合わせられると思う。

大きいバッグがバランスが悪いなあと思う時。
ダウンコートの時に持つバッグとしてもいい。
(ダウンジャケットにかっちりしたバッグとか変だと思うので)

ワンピースを着たデートにも◎。エレガントに見える。
軽くて肩に掛けられるので立食パーティにもいいと思う。
ドライブの時も膝にチョコンと乗せて安定良し。

バッグって、使いにくいとどんなにデザインが良くても使わなくなる。
そういった点で、このカーニバルは優秀だ。

カーニバルの価格は? 安く買う方法は?

日本の正規販売店での定価は14万ぐらい。

ただ、本国(イギリス)での値段とはかなり差があるらしく、
並行輸入品だと約半額で買える。

私は前回同様 MUSE&COで購入。

ka-niaru

楽天などにも安く売っているショップは多いが、始めてのショップはちょっと不安なので、正規品保証をうたっているMUSE&COで買うのは安心だ。

こちらのカーニバルに合わせて、
いつものようにしばし色々なコーデに合わせてみよう。

以上、カーニバルのレビュー。
サイズ選び等でご参考になれば。

DSC_8398

スタバのショートサイズのカップと並べ。
カーニバルMサイズのサイズ感がわかりますでしょうか・・?

ファッションブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る