50代は可愛い服を着るべきか、辛口な服を着るべきか?

IMG_1065  IMG_1068 IMG_1071

ニット:アーバンリサーチ
ベイカーパンツ:ウィムガゼット
黒のライダース:ALL SAINTS
ショートブーツ:モードエジャコモ
バッグ:カーニバル J&M DAVIDSON

本日、辛口な格好がしたい気分で、ベイカーパンツ。
辛口~ っていうコーデの時にアクセサリーは必須。

IMG_1060

50代 甘くいくか?辛くいくか?

30代40代の頃は、髪が長かったり、
自分自身の女度がまだ高かったので、
こういった辛口なコーデの時
ノーアクセサリーでも大丈夫だったが、

もう最近 辛口なコーデをドボンで着るのは厳しくなった。
よほど髪を整えるか、メイクをきちんとするか、
こうしてアクセサリーを盛らないと サビチイ感じである。

辛口なコーデって、

10代・20代の頃 →→ ボーイッシュになる。カワユイ
30代40代    →→ メンズライクな着こなしになる カッコイイ

ところが50代は・・・ →→  オッサンっぽくなる。

ここが分岐点、注意点。

それに必死に抵抗しようとして、
とにかく 色っぽく、美魔女路線に突っ走る人がも出てくるが、
うっふん服を着ない選択でも、ちゃんと女らしくできるのではないだろうか?

という仮説を私は最近立てている。

実際、ショートで、パンツしかはかないけれど、
とても色っぽい、女らしい人は50代でも沢山いる。

DRESSの甘辛コーデの記事でも書いたような記憶あるが、

50代のファッションって つまるところ

この 甘い VS 辛い のコントロール

という点が一番難しく、それでみんな

「何を着たらいいか わからない!!」

状態になるのだと思う。

私の今のところの結論は

「両方、かわるがわる 着る。」

というやり方。

会う人、その日の用事、その日のお店や場所、
そして自分自身の精神状態。
それらに合わせて

甘い&辛いを適度にミキシング。

それをどちらか片方に決めようとするから
苦しくなるのではないだろうか?

ファッションなんて毎日変えられる。
だから色々やってみよう!

・・この日は、表参道にて、お目当ての春ものをGET!

IMG_1081

MADISON BLUEで💛
何を買ったかは後日、詳しくレビューします!

ファッションブログ村
クリック応援 お願い中 →→ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る