うっふん服 を着ないという選択

スポンサー リンク
ビックバナー

IMG_0467  IMG_0485

IMG_0490

タートルニット:アーバンリサーチ
ロングフレアスカート:OUVRAGE CLASSE
レースアップブーツ:BELL FLORRIE
黄色のコート:J&M DAVIDSON

本日、ゆるッとコーデ。

かなり長めの丈のフレアスカートと、
身ごろのゆとりのあるニット。

こういうゆるっとコーデはノーアクセサリーだと、
主婦の普段着感がビシバシ出てしまう。

アクセサリー。

IMG_0461

ピアスはアレッタというブランドの物。
これ一つつけるだけで、チャラっと全体がモードっぽくなるので便利。

「うっふん服」を着ないという選択

話変わる。

先日 記事にした 楽天マガジンを読んで気づいたこと

この時、とあるアラフォー女性向けのファッション雑誌を読んでいて
「なるほどね!」と思った表現があった。

うっふん服にならないように 気を付けてコーデする

具体的には

「黒のレーススカートで 短め丈のものは「うっふん服」になりやすい」

なるほど~

要するに

・セクシーを狙っている服
・ちょっと媚の入った服
・お色気むんむんの服

ということかと。

「うっふん服って・・ダサくない?」という見解なのだと思う。

私も50代になって「身体の線が出る服」というのをだんだんと避けるようになった。

もちろんそれは 崩れた体型隠し、ということもあるけれど、(笑)
仮に日々筋トレしたりしてパーフェクトなスタイルだとしても、
50代がピタピタな服や肌を露出する服を着ると、どうしても清潔感がない。

もう

「うっふん服を50代が着ると、間違いなく 残念な 魔女になる」

という気がしている。

30代・40代は「美魔女」がどうーしたこーしたと、
歳をとっても もてはやされた平成の時代。

でもそこをもう引きずらない。
きっぱり一度終わらせる。

そんな切り替えが50代では必要ではないかと。

50代になって増えた同窓会で、力入りまくって
この「うっふん服」をおめしになっている女性を見るたびに
そんな気がしている。

かといって、何かをあきらめたような、後ろからみたら

「おじさんか おばさんか わからない」

状態になるのも悲しい。

その匙加減。

60代に向けて 今後の課題。

★先日のの休憩★

娘と中目黒のピーナッツ・カフェへ。

IMG_0625

アフタヌーンティー風。細部まで盛られている。

IMG_0609

インテリアもピーナッツファミリー一色。

IMG_0596

食器も。

IMG_0614 IMG_0613
スヌーピーファンの人でなくても、
妙にはしゃぎたくなる。楽しいカフェでした。

予約オンラインサイトがあるので、

そちらで予約していくのがお勧めです。

ファッションブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る