ファストファッションを買わない女

スポンサー リンク
ビックバナー

アパレル_1527472054

彼女がファストファッションを買わない理由は?

赤坂で アフタヌーンティーを頂きながら 友人とファッションの話をした。
ファッション大好きな友人なので、 お洋服やオシャレの話をひたすらする。(暇人)

「最近どこでお洋服買ってる?」
「敢えて決めてない。いろんなお店を見るように心がけてる。
ただ、安いファストファッションのお店だけは入らない。」

友人曰く、 一度 安いな~ とキャミソールやニットを購入したら、
肌触りが悪くて、縫製が粗悪で、着ている間すごく気持ちが悪い思いをしたという。

「若い子ならいいかもしれないけど、
この年になって どうして我慢して ちくちくする服を着なきゃいけないのか 悲しくなったのでもう二度と買わないし、 入るとなんか買っちゃいそうだから(笑) お店自体に入らないと決めてる」

という。

わかる!

ファストファッションってキリがない。
だから 私も実店舗はもう入らない、とある時決めてしまった。
フラッと入ったが最後、絶対 何か買ってしまうし、
フラフラと大量に積み上げられた服を見るのは、心がざわざわして時間の無駄だ。

「もうファストファッションのお店には入らない」

とはっきり決めると 驚くほど精神的にすっきりした。
すがすがしいほどにすっきりした。

「私も 心がもやもやするのが嫌だから、ファストファッションの大型店舗の自動ドアは
もう くぐらないの」と彼女。

彼女も 着る服で 自分の気持ちや精神状態が左右されるあたり、
私ととても似ているのである。

だから、自分で納得して幸せな気持ちになれる服を大切に着たい、という意見なのである。

「ただ、毎日毎日 シマ★ラとか H安堵Mとか 永遠二十一 とか 着て
一度着た服はもう二度は着ない。洗濯しない。
という ライフスタイル、 ファッションスタイルなら 愛用するかも。」

と面白いことを言う。

「一度着た服は二度着ない」 って・・・・まるで
ヒッチコックの 映画 裏窓の グレースケリーのようではないか??

rear005
画像は お借りしました。
http://americanwave.ti-da.net/e1910513.html

この映画で グレースケリーはモデルのリサという役柄なのだが、

「君は 同じ服は二度と着ない、というリサか? 

と恋人からからかわれ、

だって、それが仕事ですもの」 

と涼しい顔で答えるのである。
カッコよすぎ・・・

そういう人生ならば、もう 服はファストファッションでいいだろうな、と思う。

だって 洗濯しないし、耐久性も 不要であるからして。

毎日毎日来る日も来る日も 違う服を着る。 違う靴を履く。
一度袖を通した服は もう 触ることはない。

それはどんな気分なんだろうなあ。

ときめくような気もするし、 疲れるような気もする。
毎日違う人に 初めましての挨拶して 名刺を渡して ・・・・
みたいな感じなんじゃなかろうか。

友人は 言う。

「残された限りある人生、 とにかく気持ちいい服を着たいの。
幸せって思える気持ちと時間を大事にしたいの。
だから 質の良い服を丁寧に大切に着たい。」  と。

50過ぎて

女として 残された時間が 見えてきたからこそ
感じる沸き起こる気持ちなのかもしれない。

しんみり。

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る