電車の時間帯による女子のファッションの違い

友人が、興味深いことを述べていた。

電車に  朝

① 7~8時台に乗るのと
② 9時台に乗るのと
③ 10時台に乗るのと

では

車内の女性のファッション が全く違う、と。

はカッチリと固いお仕事なのだろうか、
ストッキングにパンプスジャケット、という女子が圧倒的に多い。

になると流通やアパレルとか美容師さんとか
ユルイー ファッショナブルな自由な服装の女子が増え、
①でみられるような 日経新聞を真剣に読んでいるような女子は消える。

になると 買い物に行くのか 主婦とかそういった層にがらっと切り替わる。

私も 朝 いろんな時間帯の電車に乗るが

①の層の女子たちは
雑誌で言うとoggi風かdomani風って感じ。

カッチリとしているけれど、髪がきちんと手入れされて ネイルなどもきちんとして
とにかくキレイにしている感じ。

会社という複数の大量の男子から見られる 、 という緊張感
彼女らのビジュアルを底上げしているのではないかと思う。

かたや ③になると どうだろう?

緊張感は消え、 リラックスムード満載。
縛りがない分 ①よりファッショナブルになるべきであるにも関わらず?

何故か ピントのぼけたファッションの女性が多いような気がする。

②の層は見ていて一番楽しい。
トレンドが一番ダイレクトに反映されたお洋服や髪形をしている。

素足に紺色のぺデュキアをしている女性を見かけるのは
間違いなく②の時間帯。

ちょっと ぎょっとする ファッションの人もいるが、見ていて楽しい。
トレンドの参考になるのは間違いなく②の時間帯である。

けれど
けれど

いわゆる素直にキレイ!!って思える 女子が一番多いのは
やっぱりなのである。

平日のラッシュ時に ターミナル駅などで行きかう人々を見ても
見とれるくらい キレイな働く女性達は
間違いなく 企業でお勤めしているだろうと思われる女子たちである。

この違いはなんだろう? 友人と分析する。

人から見られる緊張感、その場にそぐうファッション。
制限があり ドレスコードが厳しいからこそ磨かれるセンス。

そういうことなんではないかと。

服の目的が明確。

どういうシーンで自分がどう輝けばいいかが明確だから。

それが理由なんではないかと。

部下を持つ管理職のキャリアウーマンの友人が言う。

「新入社員でもね、
女子会にばっかり出ているような子より
一生懸命仕事している子の方がどんどんキレイになるのよね」

確かに。それ、納得。

人は何かに1点、 的を絞ってロックオン!!して 集中するとき、
垢ぬけてセンスも良くなり、綺麗になるのかもしれないな。

そんなことに気づいた 電車の時間帯による女子のファッション。
なかなか興味深い考察でございました。

 

ファッションブログ村
クリック応援 お願い中 →→ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る