新しいコートを買いました

冬物をコーデするのもあと2か月。年末にクローゼットを整理して

私
コートの見直し必要かも・・・

と思い立ち、新春のSALEでこのコートを発見。

このコートは袖が可愛いの。

全体的に丸いシルエットがいい。

何よりこのひもみたいなベルトの可愛さと言ったら!悶絶。

正面から拡大画像。一番上のボタンが革巻きなのがまた萌え。

買ったときショップで撮影したお写真。(お店の方に許可を頂いて撮影しています)

一目惚れ→即お買い上げの流れ。試着したもの以外に店舗に新品在庫がなかったのだが、「倉庫から手つかずピカピカのものをご自宅に送料無料でお送りします」という神サービスが!!(*´▽`*)素晴らしいショップ。そもそも重いコートをヨイコラショと持って帰らなくて済んでホント良かった。

コートの中。古いUNITED ARROWSのモヘアニットにZARAのチノワイドパンツで。

バッグもずっと長く使っているTORY BURCHのもの。

アクセサリー。GOLDの細かいアクセサリーをちりばめ。


・ネックレス:4本セット品 マグノリアメイト
レイヤードゴールドネックレス 4ピースセット
・GOLDブレスレット:アバスクデザイン\クーポン発行中/チェーン ブレス

足元。これまたちょっと古い靴。厚底なおじひも靴が好きなのでずっと大事にしてる靴。靴下はニットに合わせてこげ茶で。

全体。

シルエットが面白いコート。

このひも状のベルトがとにかく◎。カワユス。

からし色、マスタードイエローってすごくコーデしやすい色。ベージュ、アイボリー、こげ茶、カーキ色、グリーン、何でも合うので。

パッと気分↑明るくなるコート。

こちらのコートはPUBLIC TOKYOというブランド。
親切な店員さんと話し込んでしまったのだが、

「ウチはオリジナルでデザインしていて、原価率が約50%なんです。上質なものを定価を低めにして販売しています。ちなみにハイブランドさんとかは20%の原価率のところが多いですね・・」というお話。

確かに。カシミア混紡のロングコートが3万円台という驚異の価格設定だ。

「普通の感覚で6万~7万ぐらいの値段帯のものを2万~3万円台で売ってます」と断言される。

値段の話ばかりしてしまったが、私が感動したのは「服に愛がある!」と感じた点。

・裏地の色の選び方(ピスタチオグリーン)
・袖のデザイン
・ボタン(一番上だけくるみボタンであとは隠しボタン)
・ベルト

全てに「絶対!服が好きな人がデザインしたに決まってる!」と感じる「服への愛」が詰まったコート。

着道楽の物欲を刺激するコートだ。(*´▽`*)

さらに白状すると、同じショップでもう一枚こげ茶のロングコートも買った。最初から定価を抑えているので半額とかにはならないSALE(10%OFFとか)だったが納得。

私
「コートって何年ぐらい着るものでしょうね?」

ってお店の方に質問。

「ウチのは生地も縫製もしっかり作ってるので少なくと3年以上はお召しいただけますが、やはり流行があるので古いと感じたらどうしても新しいものを買いたくなりますよねぇ」と。

正直な意見が聞けた。アグリー。

気に入れば3年どころか6年とか7年も着ていることが多い私。でも「これはもう違う・・・」と思ったが最後。手放したくなるのもコート。

ベーシックなもの。
気分の上がるもの。
その時の気分にマッチするもの。
社会的な役割を演じるためのもの。(仕事と冠婚葬祭用とか)

上手く組み合わせてコートのスタメンを毎年構成入れ替えていきたいと思います!

コートは着ていて気分が良くないと!!と!!!

【今日のコーデ 詳細】

・コート:PUBLIC TOKYO

ボリュームスリーブノーカラーコート サイズ:2

・モヘアニット:UNITED ARROWS (古いもの)
・パンツ:ZARA
・靴:CHIAKI KATAGIRI
・バッグ:TORY BURCH
ブログランキング

\いいね♥してね!ポチポチしてね♪/


50代ファッションランキング

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る