ボーダーが似合わない!?そう思ったらファッションの曲がり角

スポンサー リンク
ビックバナー

先日の、DRESS WEBサイト のファッションコラムで
私がボーダー服を1枚のみ残して
後は処分したというエピソードを書いた。

DSC_1213

その記事をまだお読みでない方は
宜しければ こちらからどうぞ ↓↓

【お知らせ】DRESS WEBサイトコラム掲載④ 洋服大好きな人が服を減らすには?
女性誌 DRESS のWEBサイト、 PROJECT DRESS 4記事目UPしました。 私がミニ...

これは 本当に その通りで、
その後、ボーダーの服は一枚も買っていないし、
今のところ欲しいとも思っていない。

実は 私は、20代、30代と セントジェームス が大好きで、

シマシマ 信者 であった。

↓セントジェームスってなんじゃろ?
という方はこれです。↓


話はややオタクな話にずれる。

私が中学生の時、
三原順の「はみだしっ子」という花とゆめ 連載の(懐かしすぎる。。)
男の子4人の放浪ドラマ(?)の漫画が大好きであった。

そこにサーニンという馬が好きな男の子が登場する。

↓この子ですね♪

彼はかたくなに シマシマ服が好きで、毎日シマシマを着ている。
新しい養母から「違う服買ってあげる」と言われても

「シマシマがいい」と言い張る、その素晴らしきファッションポリシー!!

彼は自分の似合うものがわかっていたし、
「洋服のこと考える時間がもったいない、洋服に振り回される人生を送りたくない」
というミニマリストだったのかもしれない。。。。。(多分)

「知らないし!! そんな漫画!」
という方は 気にせず サラッとスルーください・・・(笑)
でも名作なので、ぜひ一度お読みください・・・・

話戻る。

私は30代の子育て期、
セントジェームスのボーダー服を代官山のショップで買う時、

「サーニンみたい・・・♪」と一人ご満悦であった。(不気味)

セントジェームスのボーダーTに スリムなストレッチパンツ、
エルベシャプリエのトートバッグ、というのが
私の定番育児服であった。

エルベシャプリエは今でも好きですけど。↓

時は流れた。40代半ば。

ある時、私は気付いたのである。

「私、ボーダー似合わねっっつ!!!」

太って見える。
体がゴツク見える。(それは真実)
所帯じみて見える。
生活に疲れているように見える。
色気がなさそうに見える。
モテなさそうに見える。(それも事実だからいいって(笑))

私はショックだった。

「もう、もう、サーニンになれない・・・・」

ボーダー服は50代には危険アイテム

↑タイトルがDRESSっぽくなった(笑)

私はその時痛烈に思った。

40代後半から、50代になると
女性は ボーダー服は 似合わないのではないか。

いや、もちろん似合う人もいらっしゃる。

でもそれは

スラッとスリムで
まだ体がカリッっとエッジが効いていて
首が長くすっとしていて
肌や髪が透明感があって綺麗で
姿勢が良くて
颯爽としていて
食器とかお家のインテリアもセンスが良くて

サーニンのように 服に振り回されず
動物とか趣味とかその他知的なものに興味が集中して向いている
そんなさわやかな女性。

そういうキャラクター、空気をまとっていらっさるの方でないと
似合わないのではないだろうか・・・・

一言でいうと
愚痴を言わずに 凛凛と 暮らしている。すっぴんが美しい、
そんなイメージの女性。

ボーダー服って実はとても難しい

ローラちゃんが以前TVで

「ボーダーは着ない」と言っていた時、

その理由はと聞かれ

「ボーダーさえ着ていればとりあえずオシャレに見えるだろうと思っている、
その考えがダサイと思う」

と 辛辣な発言をしていた。

そのこと書いた記事が 昔にあった~↓

オシャレになるために 50代女がやめるべきこと 10箇条
最近ビジネス本 や 人生の指南書に 「○○をやめたら上手くいく!」 「成功する人がやっている 5つのやらないこと なんちゃら」とか ...

現代の日本では、

ボーダー服はそれこそ、
サトウココノカドーなどのスーパーの衣料品売り場から
郊外のプチプラ量販店から
青山や代官山とかのオシャレな高級ブティックに至るまで、
日本全国どこでも買える。

でも 50代の大人の女性なら
今一度立ち止まって考えた方がいいと思う。

ボーダー服が

果たして 自分を本当に美しく魅力的に見せているかどうか?? を。

ボーダー服着ているときに、「街で男性から声をかけられちゃった。。♪」という
女性を私は今まで一度も知らない。

それほど ボーダー服って

女性から色気とにおいを根こそぎ奪い去る。
とても危険な服だと思うのだ。

私がボーダー服を着る時

それでも 私はボーダー服自体が嫌いなわけではない。

今でも 可愛い20歳ぐらいのお嬢さんが
ベレー帽とかぶってボーダーをオシャレにコーデしているのを見ると
「可愛いわねえ」と見とれてしまう。

でもそれをそのまんま 40代50代の女は真似しては危険。

ベレー帽なんかかぶって会合寄合に出た日には

「ウケ狙いできたな」と思われること必須。

「ねえねえ、手塚治虫さああん、」

とずっと飲み会の間、いじられ 言われる羽目になる。

・・・話がずれた。
ボーダーの話でしたね。(笑)

私が唯一持っているボーダー服を着るのは

一人でインテリアショップとかをまわって
食器を買ったりする時や

たまに何かの発作で一日中、キッチンのこもってお料理ばかり
したくなる時。(めったにない(笑))

「私は栗原はるみよ!」 みたいな気分の時というか・・・
(どういう精神状態なんだ)

そんな普段とは違う心の状態の時であって、

オシャレをするぞ~ オシャレがしたい~
・・・と思っている時ではないのである。

60代、70代になったら

でも 実はもっと髪が白くなり、
肌もいい感じに枯れてきて
中途半端な女くささが抜けきってきたら

またボーダー服が似合うようになるんではないか?と
実は期待している。

その時は、
銀髪のショートカットに、
ブラックデニムを履き、
大きーーーーーーい ダイヤの指輪を一つ指に付け、
シワの沢山ある顔で 幸せそうに微笑んでいる。

pexels-photo-271543

そんなマダムになったら
きっとボーダー服が似合うような気がする。

その時になったら、また

セントジェームスや
アニエスベーの  シマシマ長袖Tシャツを

ウキウキと 色違いで買おうと思う。

長い人生、

しんどいこともある。
楽しいこともある。

それらいろんなことが

シマシマのように 1層、1層、折り重なって、積み重なって
人生は出来ていく。

1色だけの平坦な無地でないからこそ長く愛される服。
それがボーダー服の秘密なのかもしれない。

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る