春こそ カシミアストールは便利! 白いシャツと合わせるコーデ

IMG_7207IMG_7214

白いシャツ;マディソンブルー
黄色のクロップドパンツ::RyuRyumall
美シルエットタックパンツ クロップド丈(股下57cm) 色はマスタード
バッグ:Baginning 2WAY 巾着 本革ハンドバッグ
カシミアストール:ジョンストンズ

先日、買ったプチプラのこちらの黄色のパンツ。届いた時は正直どうしよう・・・・と思う派手さだったが、意外に家族に好評。「似合う」「明るくなる」って。

IMG_7204

マディソンブルーのシャツは、立体的。ゆるっと大きいので、後ろ側はたくさん引っ張り出して、パンツのウエストのゴムゴム部分を隠した。ほら、ウエストのゴム部分が丸見えってちょっとかなーり。恥ずかしいと思うので。

アクセサリー。

IMG_7201

IMG_7223

シャツだけでは寒いけど、コートを羽織りたくない時にカシミアストールは物凄く便利。
実は冬より春先、秋口など季節の変わり目にこそ活躍するのがカシミアストール。

サッと肩に乗せるだけで暖かく、なんとなく雰囲気が優雅に見える(当社比)のが気に入っています。

1万円代で大判のカシミア100%ストールを探したお話

カシミアストール

自宅時間を 楽しむ方法

日々いかに家にいる時間を楽しむか?ということにアイディアひねる毎日。カフェやケーキショップも全く行かなくなったので、お家でお菓子作りが習慣化。

もう20年ぐらい使っているお菓子の本。沢山持っていたけど、今はこの3冊に絞り、残っている。

IMG_7373

①栗原はるみさんの 「栗原さんちのおやつの本」
②藤野真紀子さんの「幸せを連れてくる50のお菓子」
③加藤千恵さんの「フードプロセッサーでお菓子革命」

①はとにかく気軽におかずを作るようにお菓子作りが出来るようになった。名著。
②はちょっとセンス良くお菓子を作りたい時に。
③はクイジナート(フードプロセッサー)を買った時に一緒に手に入れた本。
とにかくメンドクサイ工程を省けるのでパイやパン作りも簡単になる。

このご時世、同じようなこと考える人が多いのか、スーパーで小麦粉やベーキングパウダーと無塩バターがいつも売り切れ。ドライイーストまで!こんなことバレンタイン前以外の時期にはありませんね。

単調な毎日になりがちだけど、お菓子を焼いてテーブルを綺麗にする。家族で囲むお茶の時間が毎日のいい区切りに。

IMG_7520

加藤千恵先生のフードプロセッサーの本のレシピで。黒オリーブ入りのフォッカッチャ。クリームチーズを付けるとまいう~

IMG_7372

IMG_7492

栗原はるみ先生のおやつの本のクッキー2種。
どれも本当に簡単で失敗無し。

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう~↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る