コート トレンドと流行を どう取り入れる?

IMG_2961 IMG_2993

ロングコート:UNITED ARROWS セールで
中のタートルニット:GALERIE VIE− ギャルリー ヴィー 楽天FLORASHOP

白いパンツ:GLADD
バッグ:LOEWE
手袋:デパートで購入

本日のコートは、UNITED ARROWSでSALE商品を見ていた時に発見。

・旬のニュアンスカラー
・さらっと羽織れる。ノーカラー、ガウン風なデザイン
・裏地がないダブルフェイスの生地 柔らかくて軽い

パーフェクトに今っぽい素敵なコート!と思ったものの、サイズが36で小さい。ネットストアで「38」はSOLDOUT。がっかり。ただ、私の経験上、ネットストアで「再入荷依頼」を出すと、かなりの確率で再入荷して買う事が出来る。あきらめるのは早い。「再入荷依頼」をポチポチして待っていたら、数日後にメールが来て無事お買い上げ~。

後ろ姿。

IMG_2965

正直、今年はDoclasseのマジカルサーモコートも買ったし、通勤用の グレーのチェスターコート も買ったので、もうこれ以上はコートは買わないつもりでいたのだが、このあまりにも素敵なコートに出会ったが運命!40%OFFだったので決断。

本日着てみて。その生地のしっとり滑らかさ♥裏地がないのでとにかく軽い。身体に馴染む。ベルトが付いてるけど、ガウン風にサラッと着ても、しっかりベルトを締めても、どちらでも着こなしの工夫がしやすい。

ノーカラーなので、そして今日のような高さのあるタートルニットとの相性抜群。
襟がないってすわなわち、襟元の作りこみが自由自在と言う事なのだ。

IMG_2981

そして、このコートの一番の特徴は?というと

アームホール が かなりゆったり作られている。

という点。昨今のニットは、かなーりゆったりユルットしたシルエット。メンズのユニクロのLサイズを着る、というのが流行っているくらいユルットしたニットが流行。

これに5年前のコートだの、10年前のコートだのを着ると、間違いなく肩から腕の部分がパッツパッツに。例えばコレ↓とかそう。

IMG_2347

ドゥズイーエムクラスでコートを見ていた時も、やはりこのアームが大きい、ゆったりしているコートが多く、「これ、大きいニットの上に着やすいコートですよ」とお店の方がおっしゃていて、なるほど・・・と思ったのである。

ゆるっと厚手のニットを着た時に、
腕の部分のもたつきをカバーしてくれるコートが必要!

昨年ぐらいからそう感じていた。

・・・理屈が長くなったが、要するに「このコート、めっちゃ今っぽい!!絶対使える!」という勘が働き、無事新入社員としてクローゼットに入社~。

かっちりベルトをするとまた違った感じになる。

IMG_2959

全身。

IMG_2989

細身のパンツでもワイドパンツでも合うと思う。

IMG_2998

ご覧の通り、茶色でもグレーでもカーキ色でもないすごく複雑な色。商品名ではオリーブ色、となっていた。

足元。PELLICOのグレージュ色のパンプスがぴったり合った。

IMG_2991

アクセサリー。優しい感じのものをセレクト。

IMG_2980

50代 コートは トレンド・流行も必要!

コートについては以前にこの長い連載物で、あれこれクドイ理屈を書き並べたことがあるが、

50代 コート

私のコートの買い方・揃え方は

5着所持し、毎年少しずつ新旧入れ替える。

という方法。ところが、今年思ったのは、

「全体的に、大々的に、コートを刷新しなくてはいけない時期ってあるのかもなあ・・・」

ということ。チマチマ改装しているけど、時々大規模修繕、リノベーション必要!みたいな。コートって物凄く流行があり、チマチマ入れ替えているだけでは追い付かない状態になる。そんな気がする。

コートっていくら「長く着れる定番品」を選んだつもりでも、5年以上経つと「何かが違う・・何かがズレて来ている・・・・」と感じるもの。その時は大規模修繕のタイミングなのだ。

手持ちのコートを整理しつつ、今年の冬が終わる時、

「〇」
「×」
「様子見」

で振り分けたいと思う。

50代って、化石化したコート、ヴィンテージ化した手持ちのコートが、箪笥にめっさぎゅうぎゅうになりがち。だからこそ、コートの刷新は必要です!

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう↓

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る