ニットワンピースの選び方 楽天ショップのお勧めは?

IMG_1563 IMG_1578

こげ茶のニットワンピース:
選べる2ネック〜リブニットワンピース pierrot(PR)楽天で

レースアップ厚底ブーツ:creemaで
バッグ:Baginning

本日のニットワンピースは星の数ほどある楽天のプチプラお洋服ショップの中でも特に気に入っているピエロさんのもの。

ピエロさんは何度か買っているのだが、「きちんと感」「カジュアルでさりげないけど女らしい感じは残っている」服が多いショップ。安心感。

ニットワンピース どう選ぶ?

若いころは最強のデート服、合コン服( `ー´)ノだったニットワンピースも、50代になって選ぶのが難しくなってきたこの頃。私が選ぶ時のポイント。

・とにかく丈長め。下にそのままタイツ+パンプス履けるような長さ。中途半端だと下にスキニーやレギンスを履かなくてはいけない。

・ボディラインをぴちぴち拾わないもの。これ絶対。拾ったが最後、うっふん服になるので。

・かといって、パジャマのようにダボダボのものは避けたい。まだ女を捨てたくない。(*´Д`)(上記の相反する条件。この微妙な線引きが難しい)

・ニットワンピースは正直ワンシーズン使い切り。膝が伸びてきたり、自分の体形が型取り??(イヤ)されたかのような変な伸びとクセが付くので。よってお値段が高いものはNG。プチプラだと嬉しい。
・あまり細かい編み目、ハイゲージなものより、ざっくりした網目の方がラインがすっきりして痩せて見える(多分)

この厳しい条件を見事にクリアしたのが今日着ているピエロさんのもの。

首周りがややユルットしたオフタートル気味なのも襟もとが決まるので嬉しい。

IMG_1546

太いリブの網目がいい感じ。

IMG_1587

ニットワンピって、胸元が寂しいと貧弱な感じなるんで難しいんですよね。よってタートルだと作りこみ不要で楽!

このワンピも、Vネックがあったけどタートルネックを速攻チョイス。

横から。

IMG_1557

ご覧の通り、ストンとストレートなライン。GOOD。

一番気になる「ぴちぴち・パツパツ感」、いわゆる「ボディコン感」。これがないので安心。かといって変にユルイ、だらしない感じもないので着やすい。

今日はこれに薄いコートも羽織り。

IMG_1572

【OMNES Supremo (PR)】リバーチェックウールノーカラーコート HAPTIC ハプティック
このコート、軽くて薄くてすごく着やすい。羽織りやすい!!

温暖化の影響か、ここ数年冬でも「分厚いウールのコート、大げさじゃない?」という気温の日が多い。

かといってロングカーディガンじゃ寒いし、ジャケットじゃ下半身寒いし、トレンチじゃない、アウターがあるといいなと思っていた。

同じことが考えている方が多数いるのか、こういった薄手のダブルフェイスの裏地のない柔らかいコートが多数、市場に登場。

友達以上、恋人未満。

 ・・・

カーディガン以上、
ウールのコート未満。

と言う感じがする裏地のない薄いダブルフェイスのコート。

IMG_1569

これめっちゃ便利。パッと羽織れるし、柔らかくて暖かい。トレンチみたいに肩苦しくないし、襟立てたり、ベルトをどうするか?問題に悩まないし形作らなくていいし。(←トレンチはこれが面倒)

IMG_1582

表はグレンチェック、で裏がブラウンなのがニクイ!リバーシブルで着れなくもない。(ボタンとポケットが変になるけどサッと羽織るだけなら違和感なし)

グレー&ブラックと迷ったけど、ベージュ系コーデが多い私はブラウンをチョイス。

シルエットもフワッと優しい。下に厚手ニット着てもサラッと羽織れる。サラッと。サラッと。(←しつこい)

IMG_1579

「こなれた女になりたいなら、服はサラッと着なさい」。そんなキャッチコピーが合いそうなコートだ。

HAPTICさんも品質と金額のバランスが良いと私が信頼しているショップさん。どこか一ひねりあって、若々しいカジュアル感がある点が好き。

楽天プチプラ服の研究もだいぶ経験を積み、それぞれのショップさんの特徴やコスパの良さなど、知見が溜まってきた。(←どうでもいい知見)

とにかく気軽に、楽天ポイントも貯めて使って、色々な服、気になるファッションが試せるのが嬉しい!24日まで「楽天ブラックフライデー」。ポイントがやたら貯まるこの時期にぜひ。

こげ茶のニットワンピース


選べる2ネック〜リブニットワンピース pierrot

チェックのダブルフェイスコート

リバーチェックウールノーカラーコート  HAPTIC ハプティック

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう↓


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る