紺のジャケットに綺麗色パンツを合わせるお仕事コーデ

IMG_9956

IMG_9962

紺のボートネックニット:rioty 楽天で
ジャケット:スーツカンパニー
パンツ:tomorrowland
バッグ:ADMJ
靴:ポワソンショコラ

本日、社外のお偉い方に会う仕事のため、ややかっちりコーデ。

ただ、全体にダークスーツにすると、若いお嬢さんなら清楚さがでるところ、もう私ぐらいの年代になると、威圧感?というか、くらーーい感じ?が出てしまう。

よって、パンツを明るい色に。

この手の綺麗色って、「派手で浮く」「目立ってしまう」と不安になるかもだが、私のここ数週間の周りの反応はすこぶる良し。「さわやか!(注意:服が)」「綺麗な色!」と男女共にいい反応。スーツ姿の男性に交じっても違和感なし。

ビジネス、通勤、オフィスで一番50代が悪目立ちするのは実は「色」ではない。

・肌の露出(本人が思う以上にヤバい)
・カジュアルすぎる服
・フリフリ ラブリー
・傷んだ古びた服(本人が思う以上に人はよく見ている)

の方がよほぼ悪目立ちするのではないかと思っている。そのあたり気を付ければ、どんどん綺麗な色のニットやパンツを取り入れることが出来るので、仕事服のコーデのバリエーションは飛躍的に増える!

それでも黒紺グレー以外着るのが抵抗感ある、、、という方は、面積の狭いインナーからチャレンジがお勧め。もしくは今日のようにピアスなど大きめアクセサリーとか。(居心地悪いと思ったらすぐ外せるし)

今日、改めてスーツカンパニーのジャケットの自撮り写真見て、このジャケットもう長く着ているけれど、気に入っていたけど、さすがにちょっとずつ時代とずれてきている感じがした。今最新のサイトを見るとシルエットが違う感じだ。

ベーシックなこれ以上ないくらい定番のジャケットでも少しずつ少しずつ時代は動いている。ファッションは動いている。

そろそろ紺のジャケット、新調しましょうかね・・・・

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう~↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る