捨てる服 捨てない服 その判断はどこに?

IMG_9089

IMG_9094

ストライプのブラウス:tomorrowland
スカート:BEAMS
カーディガン:マカフィー tomorrowland
バッグ:FENDI
靴:carino モードエジャコモ

本日、えんじ色コーデ。
このえんじ色のスカート、ひざ下丈の微妙なスカートは全部処分しよう!と思って、買取王国(宅配の古着買取)に送る段ボールにいったん入れたのだが、どうしてもこの綺麗な艶のあるボルドー色とボックスプリーツが好きでまたクローゼットに舞い戻り・・・(*´Д`)

他に、買取王国行きとなったのはこのブルーのフレアスカートとか。
DSC_0585

DSC_0513

↑これまたビミョウーーーぅな丈のフレアスカート。

細くて華奢で、肩が丸い方なら、50代でもこういうスカートはまだ似合うと思うが、自分には「もうオワタ・・」という感じがしたので、潔く手放す。

まだ全然綺麗で着れると思うし、SHIPSとかBEAMSとか、tomorrowlandのものだと、古いものでないなら、ちゃんと買い取り金額が付くのでお勧め。

(ZARAとかユニクロとかGUは買取対象外なので注意!)

今日の足元。えんじ色のスカートにぴったり。

IMG_9099

ガーネットのピアス(東欧に旅行した時買ったもの)と赤い指輪で。

IMG_9085

捨てる服はどうやって決める?

定期的に服を見直すことで、クローゼットがすっきりするし、
自分自身の思考も物凄くすっきりする。

とにかく、

・クローゼットの中身のたゆまぬ循環
・よどみないワードローブの新陳代謝
・要するにスムーズにターンオーバーする箪笥の中身

ということだ。(上記3つともほぼ同義やん。。。)

新しい服を買う事以上に、上記のことを実は気を配っている。
そうしているうちに、

・末永ーーく働いてくれる服

・1年ですぐ退職する輩(ジョブホッパー??)

が明確になってきて、「長く着れる服って何だろう?」という思考能力がものすごく鍛えられるのである。

もちろん、「今シーズン限り!着たおす!」と決めて買う超トレンド物や、真っ白なTシャツ類もあるし、そこのジャッジはアイテムごと。

1年間、1度も袖を通さなかったら、もう処分対象候補である。
2年間、一度も触れもしなかったら、速攻処分対象である。

最終的に

「捨てる」
OR
「捨てない」

の判断は、

「来年はもう絶対にこの服、触りもしないな・・」と思われる服である。
ただ、気が変わることもあるので、半年ぐらいは段ボールに寝かすこともある。この時、「段ボールに入っていることすら忘れる服」はもう「要らない」服なのだ。

2段階認証制度の導入。ということだ。

こうして身内にあげたり、買取王国に送ったりする服を決定!

さあ、こうして空いた収納スペースに、今期の新しいニットやパンツをじゃんじゃん買って入れましょ!(^O^)/

宅配買取の詳しい記事はこちら→ 買取王国の口コミ

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう~↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る