入学式に親が普段着で出席するのはありか?

IMG_2514

IMG_2524

紺のワンピース:アーバンリサーチ
紺のロングカーディガン:allureville GLADD で購入。
バッグ:J&M DAVIDSON
靴:モードエジャコモ

IMG_2526

本日、仕事関係の小さな式典出席。

そんなフォーマルな格好しなくてもよさげだったので、
スーツでなくワンピース+ジャケットがわりの厚手のロングカーデで。

長時間座っているから、この格好が ものすごく楽(*’▽’)
しわも気にならず、我ながらナイスチョイス!!

紺一色だとちょっと暗いのでバロックパールのロングネックレス添加。
大きめの花の指輪で華やかに。

IMG_2519

昨夜、高校時代の親友から電話が来て

「子どもの卒業式と入学式に着ていく服。
めんどくさい。
選ぶ時間がもったいない。服に興味がない。
親の服なんて誰も見ていないと思うから普段着で行っていいと思う?」

という内容の電話。

うーーん。

確かに

「親の服なんて誰も見ていない」
「主役は子どもたち」

という理屈はわかるけど、

やっぱり、

子ども達の記憶に残り、
そこに列席されている方達の視覚の記憶に残る。
写真にも残る。
その場の空気を作っている責任を列席者は担っている、と思う。

普段着はちょっと、、、
黒のワンピースとかならいいのでは?とアドバイス。

「そうね、ジャージ素材でラクチンな、
ストンと着れるのがあるから、それにするわ」と彼女。

お祝いする気持ち、身なりで少しでも表現出来たらいいよね、と話した。

「服のことばっかり考えている人生は無駄」

という辛らつな発言をどこかで見かけたことがあるけれど、
人それぞれ興味が違うし。

美味しい食べ物のことばっかり考えている人もいるし、
コスメと美容のことばっかり考えている人もいるし、
ジャニーズのことばっかり考えている人もいるし、
スマホゲームのことばっかり考えている人もいるし、
音楽のことばっかり考えている人もいるし、
サッカーのことばっかり考えている人もいるし、
株価のことばっかり考えている人もいるし。

それぞれ 興味ない人から見ると、

「無駄な時間をつぶしている」と見えるもの。

色々な興味。
色々な情熱。
色々な才能。
色々な思い。

みんなそれぞれ違うからこそ世界は成り立っている。

それぞれの才能、それぞれの人生にリスペクトを。

イチロー。お疲れさまでした。

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう~↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る