TORY BURCH(トリーバーチ)のバッグのコーデ

DSC_7578DSC_7602   DSC_7592

マロン色の革のジャケット:アンシュヌマンミニョン
スカート:ドゥアルシーブ
ブーツ:ストロベリーフィールズ
バッグ:トリーバーチ TORYBURCH

アクセサリー。

DSC_7581

本日のバッグ。トリーバーチ。TORY BURCH。

DSC_7565

↓↓MUSE&CO で購入。

GEMINI LINK JACQUARD SNAKE SATCHEL

tory

トリーバーチの流行は?

「トリーバーチ?? な、なつかしー!!」

と思われた方も多数かと?

一時期あまりに大流行したブランド。今はすっかり、ブランドロゴの付いた靴や、バッグを持っている人もほとんど見かけなくなったけど・・・

このバッグ、ミューズコーのサイトを見ていて、偶然見つけたもの。どことなく、ヴィンテージっぽいデザイン。素材使いが凝っている。

・ジャガード織りの布地
・革のパイピング
・パイソンのトリミング
・サイド部分にオレンジ色のスエード使い
・クラシカルなゴールドの金物

この5種類の複雑な素材を組み合わせた凝ったバッグ。ボストンっぽいどこか懐かしい古い形。。。。

「今更かなー?」と思いつつも、トリーバーチの「山下さん」のロゴも、よく見ないと気づかないくらい小さくてさりげない。何より、素材使いやデザイン、形、すべてにクラッと来て。

ドンピシャ。要するに、一目ぼれしてポチポチ。

実際に届いて見ると、サイトのお写真で見るよりも、はるかにいい感じ、好みのバッグだった。

トリーバーチのバッグ レビュー

最近、

「販売サイトには載ってないような、服や靴などの商品の写真を裏表、パーツも含め沢山載せてくれているので、ブログを読んでいて、買い物の参考になります」

という内容の、ありがたいメッセージを読者様から時々頂く。私の物欲のレビューがどなたかの参考になるなんて・・・嬉しい。滝涙。

ということで、今回もお写真多めにレビュー。

日本 未発売品らしい

こちらのトリーバーチのバッグは、ミューズコーのサイトで買ったので、並行輸入品だと思う。今のところ、正式には日本未入荷品の新作のようだ。

配送もスピーディ。5日後に配送。

DSC_7550

今回、かなり厳重な包装で配送された。貴重品扱い。

DSC_7552

ビニール袋にくるまれて。緩衝材もかなり詰めてあった。

DSC_7553

隅から隅まで覆われている・・・

DSC_7555

金物、ファスナー類すべてに緩衝・保護材が巻いてある。
全部取るのが結構大変だった・・・

DSC_7558

鎖模様のジャガード織が綺麗。

DSC_7566 (1)

パイソン素材の可愛いホルダー。何を入れればいいのかは不明。。。

DSC_7572 (2)

このサイド部分のあんず色のスエード素材がニクイ!

DSC_7563 (1)

タグもしっかりついてる。

DSC_7574 (1)

保存袋が可愛い! 紐にチャーム付き。

DSC_7611

トリーバーチのバッグ、使いやすさは?

このバッグ、一日持ってみて、
かなーりその使いやすさに感動。

DSC_7587

気に入った理由を述べると、

・ビシッと自立する(←私のバッグ選びで大事なポイント)

・持ち手の間にストールが乗っかる(←最近重要視しているポイント)

・ファスナーが上にあるので、出し入れが楽

・布地が主なので、とにかく軽い!!

使い勝手、軽さ、形、デザインの凝り具合。さすがのラグジュアリー感。そして何よりヴィンテージっぽいデザイン。トリーバーチというブランドが前面に出過ぎていない感じも控えめで◎。

今日のような、キャメル系、ベージュ系のコーデに合わせてしばし溺愛しようと思う。

自分軸のファッションを楽しもう

・有名ブランドだから。
・流行っているから。(流行ってないけど・・・)

という理由でなく、

・自分が気に入ったから。

という軸で、ジャッジで、買う。

そんなことが少しずつできるようになるのも、50代以降の嬉しいことかもしれない。

このバッグ、ヴィンテージっぽいワンピースと合うと思う。

先日、下北沢の古着屋さんで買った昭和なワンピースたち。↓↓

DSC_7101 (1)

これに合わせてまたコーデしてみたいと思う。

以上、今年最後の 私の衝動買い(?)レビュー。

↓MUSE&COで買いました。

GEMINI LINK JACQUARD SNAKE SATCHEL

20181229214621

バッグの大きさがわかるように。全身ショット。
蔵前の 菓子屋シノノメにて。

ブログランキング
↓ポチポチ応援お願いちゅう↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る