古着のワンピースのコーデ ヴィンテージファッションに挑戦!

DSC_7008

DSC_7056

ワンピース:下北沢の古着屋さんKINJIで購入
ブーツ:アーバンリサーチ
バッグ:ADMJ

この間、お洒落大好きな友人と下北沢の古着ショップ巡りをした。その時の戦利品のワンピースでコーデ。

この昭和40年代??、懐かしい!おばあちゃんが着てたよ!!??みたいな、ワンピース、2980円!
昨今、そんじょそこらのブティックやデパートでは、とんと見ないような服である。

ライダースで辛口ミックスコーデ。

DSC_7013

DSC_7066

足元グレーのニットタイツとゴツメのブーツで。

古着は面白い!

こちらの古着のワンピース、推測の域を出ないのだが、多分、お裁縫上手な女性が、昭和の時代に?自分のために縫ったワンピースではないかと思う。

・ブランドタグ、洗濯表示タグが一切付いてない。
・裏地のかがり方、ボタンの留め方が手作りっぽい。
・細かいところも、ものすごく丁寧に仕上げてある。ロックミシン仕上げなんて皆無。手縫いの部分多し。

ボタンがお洒落! ベルトのバックルがお揃い。

DSC_7090 DSC_7089 DSC_7088

現代の女性に比べ、昔の女性は(私の母も祖母もそうだが)腕が短いらしく、身ごろに対して袖が短め。要するに裄丈が短い。このワンピースもそう。

古着ショップで売っていたのだが、傷んだり汚れているところも全くない、保存状態がとてもいいワンピースだ。新品同様。細部まで丁寧に作られたワンピース。

縁あって私のところにやってきた。2980円なんて申し訳ないくらい上質な心のこもったワンピース。心がふわっと温まる服。

大量生産、大量廃棄のファッションの現代。

昭和を生きた(多分)誰かお洒落でセンスのいい女性がミシンを踏んで作ったワンピース。その思いを大事にして、着ようと思う。

古着のワンピースって、絶対に人と被らないところがいい。

「それ、どこで買ったの?どこのブランド?」って会う人会う人に聞かれた。

古着はすべて1点もの。
なかなか楽しいお洒落です。

下北沢のこちらの古着ショップで購入。DSC_7062

DSC_7063 (1)

下北沢の古着ショップに詳しい友人のナビゲーションで3件回ったのだが、絶対自分じゃわからないし、探せない。

楽しかったので、自分でもちょっとコツコツまわってみようと思う。

古着のお洒落。新品にはない楽しさあり。

DSC_7406

毎年作っている クリスマスのいちごタルト。

ファッションブログ村
クリック応援 お願い中 →→ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る