エンジニアブーツのコーデ 今日の服 

スポンサー リンク
ビックバナー

578b4b223a2ba596eec6ffb465bbfb37

03d699575d9e7a7474821a83cb3b5bfd 224333c363d77e0feb49710d8c609900

トレンチコート:   グーコミューン
デニムシャツ:   YANUK
※デニットというとても柔らかい素材のシャツで着心地抜群!

ブラックデニム  : ZARA
エンジニアブーツ:  AU BANNISTER
かばん:      ADMJ

アクセサリーも パイソンの革のバングルと 黒のスワロフスキー巨大リングで辛口に。

このエンジニアブーツ、去年買ったものであるが、
とっても重宝。

AU BANNISTER(オーバニスター)って靴のブランドはご存知だろうか。
シンプルだけど 上品で オシャレな靴。上質な靴。

上質、と言っても ルブタンやマロノブラニクのような
マンションの家賃のような驚く金額の靴とは違い(笑)
まあ 常識的な金額で買える。

新宿高島屋で買ったと思う。(この間は悪口言ってごめんね(笑))

今日のように トレンチ + デニムシャツ のような カジュアルな時に履く靴として最適。

実は私は、普段キレーメな服ばかり着ている女ではあるのだが、

本当はいうと、告白すると、

こういう ちょっと ボーイっぽい、 メンズっぽいファッション
というのが とても好きで、

こういう恰好しているほうが 本当は自分らしくて
とても落ち着いた精神状態になるのである。

それはわかっている。

家族からも 「サバサバしてガサツなんだから そいういう服の方が似合うじゃない?」と失礼 な いや、的確なアドバイスを頂戴する。

でもね、 こういう恰好、

子育て時代の30代に さんざんやったのだ。

もうもうもうもう  飽きるほど。

よって今は キレーメな
一つ一つのアイテムが 繊細で綺麗で丁寧なものを
これまた 丁寧に重ね合わせる・・・そんな コーディネートがしたいのである。

50代の女性の カジュアルって本当に難しいと思う。

最近ますます本当に思う。

物凄く上級者コースという感じがする。

ダウンジャケット + パンツ+ UGG のムートンブーツ、という恰好も
30代・40代前半までは 似合っていた 同い年ぐらいの友人たちも
そのまんま そのまま 50代に繰り上がって見ると、
工夫なく 全く同じ服を 同じように着ていると、物凄く違和感を感じるのである。

服と顔の年齢が合っていない 、そんな気がする。

また、髪も肌も艶がなくなり エッジの効いていない ぼんやりした体型になると
こういうカジュアルって ものすごく もっさりする危険があると思う。

UGGのムートンブーツなんか 若い子ならまだカワユイが、
50代になると、脚がすらっと長ーーーくって
細いマダムでないと 厳しいという感じがする。

よって 私にゃ無理無理~ と 手を出さないのである。
よほど、美容に気を使い、 体を鍛えに鍛え、 ・・・していないと なかなか似合わない。

カジュアルの場合、

一つ一つのアイテムを丁寧に選び、
ニットも上質なもの、
靴もかばんも上質なもの、
と厳選されたアイテムを選んでいかねばならない。

ましてや ちょっとでも古びたり 毛玉がついていたり、 ヨレヨレしていたら もうアウト。

考えただけで カジュアルの方が ハードルが高い。
また、逆にコストがかかってしょうがない、という気がするのである。

それでも 時々こうして
辛口よりの ぽてっとしたブーツにデニム、という格好をすると
とってもフラットな気持ちになれていい感じ。

難しい50代の カジュアル。

それをこなせるように なったら 最強という感じがする。

日々精進。

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る