50代ファッションは 本当にシンプルでいいのか?

スポンサー リンク
ビックバナー

DSC_1513

DSC_1516

白のジャケット:qualite

グレーのセンタープレスパンツ:マルティニーク

インナー:紺のノースリープ

カバン:ADMJ

靴:モードエジャコモ

真面目な仕事コーデ。

暑くなってくるとお仕事コーデは悩む。

なるべく涼しく動きやすく生きたいが、さすがにノースリーブとか
ひらひらの 薄手ブラウス一枚では、(デスクワークだけならいいが、)
社外の人に会う時や、目上の人に会う時、エライ人が出る会議などでは気が引ける。

20代、30代の頃はそれでも ヒラヒラなブラウス1枚やTシャツで
誰にでも会い、ヘーキで仕事していたが、(若いって無敵)

50代になると シビアに難しくなった。
肌の露出、体の線が露出する服は イタイ感じ、残念な感じが出ることはあっても
若々しい、とか健康的、とか そういったイメージにはもはやなりえない。

本人が思っている以上に、まわりはそう思っているので要注意。

だからこそ ONの時はきちんと服。

あれこれ やらかして やんちゃするのは休日OFFの時にやればいいわけで。

アクセサリー。

DSC_1514

話ずれる。

昨夜、マディソンブルーの服やルブタンの靴を
かっこよく着こなすオシャレな30代の女性の
ブログを見つけ、うっとり。楽しく拝見。

モノトーン中心で かなり辛口でファッションがシンプルな方。

でもね。素敵だけど、50代はそのまま真似は難しい。

シンプル過ぎるとみすぼらしくなる。
シャープすぎる服は体型のゆるみが露見する。
辛口すぎると 後ろ姿が 男か女かわからなくなる(笑)

「50代になったら ファッションは 引き算よ」

という人もいるが 私の考えは逆。

引き算すぎると ただの普段着になる。
チープなカジュアル服を着ると即、所帯じみる。
黒い服は 顔がくすんで見えるし、
無地のTシャツだけでは寂しい感じになる。

もはやロングヘアや巻き髪で プラスすることも難しくなる。

これから容赦なく50代後半に向かい、あっという間に60代。

何を足していくかの匙加減。

それが50代の最大の課題。

盛る。

「圏外」にならない女を目指す。

今のところ、そう思っています。

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る