オーバーブラウスにワイドパンツを合わせるコーデ

「一万歩あるくぞ!」と意気込む夫に付いていってかなり歩いた日。

楽ちんで着心地いいけど、シャキッとハリのある生地が端正感でるDoCLASSEのブラウス。

このシャツ好き(*´▽`*)ふんわり感、スタンドカラー、キュッとしまった袖など、本当にディテールが可愛い。後ろの裾が長いのがいい感じ。

後ろが長いのでパンツスタイルでも全く気にせず、オーバーブラウスとして着用できる。

アクセサリー。

シルバーのピアスにブルーの天然石のリング、同じくシルバーのピンキーリングで。

・ピアス:デパートで買ったもの
・天然石のリング:アトリエロックオン 楽天で
・ピンキーリング:ピンキーリング 【GOLDA ゴルダ】

薄い淡いブルーにパールボタンという甘めのブラウスにがつん!とパイソン柄のバッグ。MIXするのが気分。パイソン柄って本当に便利。

足元。シルバーノスニーカーで。一万歩に耐えうる歩きやすさ。

このスニーカーはかかとの部分がパイソン柄なの。バッグの柄とリンクさせたつもり。

全体。

このフワッとしたオーバー気味のブラウスにワイドなクロップトパンツという緩めのボトムス合わせ。「緩い×緩い」の組み合わせってどうかな・・??って思ったけど、新鮮な感じがした。

今、「ロングのボリューミーなシャツワンピースの下に+これまたワイドなデニム」を履いてる着こなしを街でよく見かけるけど、すごくおしゃれ!旬な感じの印象を受ける。

「ボリューミーなTOPSには絶対スキニーな細身のボトムスでしょう!」と考え方が凝り固まっているのは自分だったんだ・・・と気づく。ボトムスがスリムなのはどうしても古くさい感じがするから今は要注意!

歩きましたね・・・休憩。

身体のどこも全く締め付けず、早歩きでもストレスZEROなコーデでした。

旧朝倉家住宅にて。新緑が綺麗。

代官山って絶対に「カジュアル」で歩きたい街。ストッキングにハイヒールが最も似合わない。いかに脱力系、テキトー感を出すか?がマッチする街。

散歩中に目に留まった漆の椀。

もう大人しかいない我が家の食卓。あくせく時間に追われて食事の準備をすることも減ってきた。毎日の汁椀を漆塗りの上質なものに変えてもいいかな?って思ってる。(今は樹脂のもの使ってる)

食器洗い機にいれられないけど、手洗いの手間を愛おしいと思える椀で毎日のお味噌汁を飲みたいかなと。

昔、石川県の輪島に旅行した時に旅館で出された輪島塗のお椀で頂いたお吸い物が感動的に口あたりが柔らかくて・・・持った手触りの感じも良くて。あれが忘れられず。

輪島塗は高いんですよね・・2万円前後ぐらいかな?
他の漆塗りも色々産地があるし、調べてみます!

【今日のコーデ 詳細】

・ブラウス:DoCLASSE タイプライター・バンドカラーロングシャツ  9号

・ワイドクロップとパンツ:DoCLASSE シェイプストレッチ・クロップドワイド

・バッグ:ジャンニキアリーニ
・靴:souyo
ブログランキング

\いいね♥してね!ポチポチしてね♪/


50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る