黒いパンツにひも靴のコーデ パンサー柄のスカーフで

IMG_8904

IMG_8925

ベージュのニット:Rouge vif GLADD
黒いパンツ:Rouge vif GLADDで
紐靴:エンチャンテッド ウイングチップ レースアップシューズ FLAGSHOPで
バッグ:ADMJ

本日は ひも靴が履きたくて、やや短め丈のユルッとパンツを。
TOPSをニットにしたのだが、どーにもこーにも ボヤケテ、 いつにも増して野暮ったい。。。(*´Д`)

そこで、昨日娘と原宿に買い物に行った際にH&Mで買ったスカーフをON!

IMG_8910

このスカーフ、いわゆるヒョウ柄なのだが、周りの黒のトリミングといい、ややデフォルメされた模様が、「いかにも豹です!がおぉぉーーーー!」って感じが薄れていて、(?)大人っぽくていい感じ。

IMG_8909

黄色寄りのベージュのニットと合わせても、黒のニットと合わせてもバッチリだと思う。H&Mで1299円だった。見つけた瞬間、即決 →買い物かごに直行。

素材もシルクかなと思うくらい滑らか。H&M、やるね!
このスカーフは絶対に大人でないと似合わない!!断言!10代20代だと安っぽくなる。30代40代だとウッフン服になる危険。だから50代60代こそ似合うと思う。

ピアスも H&M。\599円だって!
べっこう柄とこのスカーフは合う。

IMG_8903

本日、この格好でオットと品川の原美術館へ。

IMG_8951

この美術館、40年前に開館、現代アートの私設美術館として営業していたのだが、2020年12月に閉館が決まっていると知り、どうしても行きたくなり急いで訪問。

実は20代のころ、オットとデートで(!)この美術館を訪問した思い出があるのだ。あの頃、この美しいに中庭に面したカフェでお茶をした記憶。。。

中庭にポツンぽつんと散りばめられたアート。改めて訪問して、この美術館が1938年に建てられた昭和の近代洋風建築として、素晴らしく優れた住居用の建物だったということがわかる。

こういうサンルームのある家。なんて素敵なんだろう!

IMG_8950 (1)

※館内 撮影OKの場所を確認してから撮影しています。

長い年月の間に、リノベーションされて、もとの建築からだいぶ変わっていると思うが、大量生産されるハウスメーカーやマンションディベロッパーの家には絶対ない、美しいディテールがいたるところに感じられる住居建築物だ。

IMG_8956

ゆるくアーチを描いた廊下が素晴らしい!
こんな廊下のある家に住みたい。
ゆるくアーチを描いているので、絵を飾ると奥の絵までよーく一目で見えるようになっている。なんて素敵なんだろう!(本日二回目)

中庭が見えるテラスカフェでお茶をした。リンゴと紅茶のパウンドケーキ。紅茶が熱々で美味しかった。

IMG_8955

クローズは残念だけど、来れてよかった。

住むために、美しい暮らしのために、建築家が考えた家は、中に何が入ろうと美しいものは美しい。文句なく。

大量生産じゃないものって本当に美しい。

「知識じゃなく、感性で何かを生み出そうとすることが大事なのです。」

とある方がおっしゃった。

その通りなのだと思った一日。

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう~↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る