INDIVIのパンツのコーデ 初対面の人に会う日に気を付けている事

スポンサー リンク
ビックバナー

DSC_5398

DSC_5410 (1)

白いシャツ:グーコミューン

グレーのパンツ:INDIVI

カシミアストール:ジョンストンズ(こちらの記事)

バッグ:LOEWE

今日のパンツはNEW!!

INDIVIは、デパートなどにもよく入っているブランドなので
ご存知の方も多いかと。
日本の老舗アパレルの WORLD 様のブランドである。

DSC_5412

 MADE  IN JAPAN のタグを
わざわざ別タグで堂々と付ける。その誇り。素晴らしい。

INDIVIの服は、一言でいうと、
「すごくきちんとした服」って感じる。

裏地もついて、ウエスト部分に滑り止めの加工もあり、
(シャツがビロンと出にくいように配慮されている)
しっかりした生地と仕立て。

パンツはどうしてもヒザが出たりシャキッとした感じがなくなると、途端に
みすぼらしくなってくるので、

その時点で潔く処分。
買い替えするようにしている。

ひざがポコッと出ているパンツをはくと
一気に所帯じみて、不潔感漂うのが悲しいかな、50代なので。涙

いつもパリッと新品同様のパンツ。
それがパンツのコーデで大事なことかなあと思う。

アクセサリー。

DSC_5402

今日は仕事ではないけど、初対面の方に合う用事があり。

初対面の方に会う時は、
出来れば何か真新しいものを身に着けるようにしている。
(何も新しいモノがない時は諦めますが・・・)

そうすることで、絶対に全体の印象が
Fresh、になる。

Freshということは、速攻 =端正、=清潔感につながる。

それを狙っている。

ストールをまとえば、コート要らず。
まだコート要らない気温。

DSC_5406

新しい出会い、
新しい出来事。
新しい思考。

好奇心だけは枯渇しないように。

二子玉川のロンハーマンカフェにて。
アボガド緑のパスタ、美味。

DSC_5439

ファッションブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る