50代 白いシャツを味方につけるコーデ

スポンサー リンク
ビックバナー

DSC_4112

DSC_4120 (1)

白いシャツ:グーコミューン(もう4年ぐらい着てるもの・・)
黒いニットのタイトスカート:tomorrowland
パンプス:carino モードエジャコモ
バッグ:ADMJ

夏の軽井沢で買ったこちらの黒のニットタイトスカート。

「黒だからなんにでも合うわね!」

とお気楽に考えて買ったのだが、
意外と この リボンの白いトリミングが 厄介。

アリボリーとかベージュとかが合わないのだ。
キリっとシャープなイメージなので
カワイイ綺麗な色も合わない。

うーーん。もう黒いニットと合わせるしかないか?

と思っていたが

何だ、白いシャツと合うじゃない。

という ぐるぐる 思考の末(笑)

今日のコーデに。

50代 白いシャツのコーデは使える!

私は20代の頃、白いシャツなんてほとんど着なかった。
就職活動の時だけ、入社式の時だけという感じだ。

30代 は子どもたちをだっこして保育園に送り迎えするので
まず白い服はNG。

ってか、シャツにアイロンかける暇なんてどこにあるのか・・・
という日々だった。

50代になって白いシャツを着るようになった。

驚くほど、人から褒められることが増えた。

「顔色が良く見えるわ」

「上品に見えるわ」

白いシャツ。

これほど、定番でどこでも売っていて
そして奥が深いアイテムはない。

そして これほど、その人らしさが
良くも悪くも出てしまう服もない。

よって 良い生地の良い仕立てのものを
少しずつ 買っていこうと思っている。

ほら、男性が白いパリッとしたシャツを着ていると
オッサン(失礼!)でも、
ドキッとするほど素敵に見えること、ありますよね?

あれと同じで
50代の女性も、
オフショルダー着るより
ヒョウ柄着るより
派手なすごい服を着るよりも
ボーダー着るよりも

白いシャツをフワッと着る。

この方が 素敵に見える確率は高いのである。

スエードパンプス:

つま先が黒とこげ茶の切り替えになっているのだが
写真だと上手く写らない・・・

DSC_4124

アクセサリー。

DSC_4117

騙されたと思って(?)
是非一度奮発して、
うんと上質な生地・仕立ての白いシャツを 手に入れてみられることを
おすすめする。

白いシャツって ものすごく長く着れる。

丁寧に扱えば 5年は確実に着れる。
モト取れる。

白いシャツに タイトスカート。

永遠にそれが似合う女でいよう!

ファッションブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る