50代のニット選び ひとひねりある立体的を選ぶ理由

形が個性的なFASHFRENさんのミルクティー色ニットを今日はコンサバ・エレガント系のコーデで着てみた。

こちらのニットの過去コーデ。

マキシ丈のシフォン素材のロングプリーツスカートにコンバットブーツでトレンド寄りに。

ホワイトデニムにシルバーの厚底シューズでカジュアルに。

今日はカジュアル味をとことん排除。女らしい感じにまとめてみる。

足元は変に凝らずナチュラルストッキングにパンプスで。

アクセサリーは盛りいれる。

・ネックレス:STORY NINE(今は廃番のようです)
・指輪:ドロップパールリング マグノリアメイト

全体。

このニット、50代のゆるーい上半身を救ってくれる!!すんばらしいニット。

フレアシルエットのニットにフレアスカートって合わないかな?って思ったけど、そんなこともなかった。のTOPSのニットがボリューミーで立体的なのでフツーの手持ちのフレアスカートが物凄く新鮮に着れた。

50代になってショックだったのが、フツーのニットをフツーに着ると何故かものすごく寂しい感じになる、ということ。

ひとひねりあるニットをうまく見つけて。積極的にコーデに取り入れていきたいなと思います。

ミルクティー色、気に入っています。

【今日のコーデ 詳細】

・白いフレアスカート:UNITED ARROWS ネットストア
・パンプス:WR
ブログランキング

\いいね♥してね!ポチポチしてね♪/


50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る