ベージュとキャメル色のコーデ 今日の服

スポンサー リンク
ビックバナー

7253967ef4da6667646d9e45a7875142

6d355e4981d05f3a2b2012a78bad292c今日の服。

TOPS・パンツ TOMORROW LAND
ジャケット   NOLLEYS
靴      モードエジャコモ

私はベージュが好きである。

よくファッション雑誌は ベージュは老けて見えるから注意!!
って書いてあるけどあまりそう感じたことはない。だってもう充分 老けているから。 大人だから。(笑)

逆に50代はベージュを上手く取り入れることが出来れば 日々着こなしは楽になる。

私はベージュを着ていると 「らしいね~~」 って言われる。

ベージュを着る時は ちょっと光沢のあるアイテムをインナーに入れると地味にならないと思う。

今日のTOPSのような シャンパンベージュの シルク素材のものとか。
このTOPSは 袖なしなのだが、 かな~り使いまわせるので重宝し、
もう4年ぐらい大事に着ている。

袖がない ということは いろんなものの下に着れて
夏も一枚で着れて 秋も冬も着れるということ。

そして 通常汚れやすい脇や袖口にも 汚れがつかないので
とても長持ちするのである。 ←これ本当

こういう袖なしトップスで 気に入ったものがあると 少々お値段がしても迷わずお持ち帰りする。
(このシルクのトップスも 2万近くしたような、、)

長く着れるからである。
袖なしトップスに投資した (大げさ) コーデの過去記事はこちらこちら

逆に、 実は ジャケットというものは かなり消耗品で、
仕事で着ていると 袖口は摩耗するし、襟の首回りも 汚れてくたびれてくる。

シルエットも流行が わかりやすく、 古臭い形のジャケットを着るほどダサイものはない。

(今でも 肩バッドが パンパンに入った 裃のような?ダブルのジャケットをお召になっている女性を見ると、それ、もしかして バブル時代の頃にお買い求めされたものでは・・・とツッコミ入れたくなる)

よって、ジャケットに関しては 1~2年、どんなに長くても3年で 潔く新しいものに買い替えている。

最近 肩の凝るジャケットを着るのが嫌で嫌で
でもビジネスシーン的にどうしてもジャケットを羽織らねばならない。。

今日のジャケットは ウールの柔らかい素材で 裏地もなく、軽くて物凄く着やすいのだ。
もちろん肩パットも全くはいっていないので カーディガン感覚で着れる。
このカーディガン感覚で着れるというのが便利。

パンツもセンタープレスできちんと。

今日はちょっと緊張するお仕事が。。。。。。
でも きちんと服で 気持ちもきちんとする。 でも肩凝らず。

服の力は偉大なのだ。

行ってきます!!

ファッションブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る