ニットを着ない生活って出来るの?

スポンサー リンク
ビックバナー

DSC_8242  DSC_8246

ニットワンピース:LAGUNAMOON

ブラックスキニーデニム:ZARA

トートバッグ:エルベシャプリエ

グレーのアンクルブーツ:MEDA モードエジャコモ

本日のニットワンピースは 腰に同じセーターを巻いているように見える
変わったデザイン。長めのニットをずっと探していて、なかなかなく、

「そうか! ニットワンピース、というカテゴリーで探せばいいんだ」

と気付き、ひざ上ぐらいのミニのニットワンピースをGET。
もちろん ワンピースとして着ることはない。

カワユイお嬢さんなら、これに ニーハイブーツとか合わせると益々カワユイのだろうが、
50代は「服と顔が合っとらんよ~」状態になるので、自粛。
そのかわり スキニーデニムを合わせ、ハイヒールブーツで。

あったかよ~💛

DSC_8244

アクセサリー はシルバー+パイソンで 辛口に。

話ずれる。

「ニット(セーター?)を着ないと決めると、服のメンテナンスははるかに楽になるので
ニットを持たない、買わない暮らしをしている」

という方が一部ミニマリストの方でいるらしい。

すごい。
確かに、クリーニングに出す必要もなくなるし、
手洗いしたり、毛玉を取ったりもしなくなる。
ニットって痛みやすいので、毎年の買い替えも必ず発生するが、それも不要になる。
すばらしく合理的だ。

「洗濯・管理が面倒だから ニットを着ない人生を送る」

という選択は すごいと思うが 私はできない。

冬の寒い時に、あのニットにくるまれる幸せ。
優しい肌触りに癒されながら ぬくぬく 寛いだり、
ドライブしたり 温泉にいったり、飲みに行ったり、友人とお茶をしたり、散歩したり。

冬の幸せという時間に、暖かなニット、というものは必ずワンセットになっている。
あれを手放ししてしまったら どうやって生きればいいのか。

人は生きていると必ず モノの管理、というものに煩わされる。
けれど、それを煩わしいと思うと ネガティブな感情に支配されてしまう。

上質なニットを着るあの幸せに感謝して、
ぬるま湯で手洗いするひと手間も 楽しいと思ってやろうと思う。

それは 人との付き合いが煩わしいと思うか、楽しいと思うかに
どこか似ているものがあるような気がする。

DSC_8245

小さな花にも 「人のひと手間」は 輝く。

2017年も 残すところラスト4DAY。

お疲れ様。

ファッションブログ村
★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る