カリッとした服、ゆるっとした服

スポンサー リンク
ビックバナー

とあるファッション雑誌をパラパラ見ていたら、

誌面で 男性が

カリッとした服を着ている女性が好き。
妻にもカリッとしたファッションをしてほしい」

ってなことを 言っていたのを読み

後頭部を ガーーーンと 打たれたような気がした。
その言葉が、心に突き刺さってしまった。

カリッとした服って?

カリッとした服。

なんて鋭いご指摘・・・・
耳の痛い 言葉・・・・

その男性が、女性にどういう服を着てほしいと思っているか
私には何となくすごくわかってしまったのだ。

カリッとした服とは?

上手く一口で言えないが・・・

例①

お盆休み 高速自動車道の
サービスエリアの食堂を思い浮かべて頂きたい。

そこに家族連れが大量。
そこにいる女性も20代~60代ぐらいまで幅広い。

でも

そこには、カリッとした服装をしている女性は 皆無。

例②

休日の 郊外の 混雑した 大型ショッピングモール。
デート中のカップルや、楽しそうな家族連れたくさん。

でもここにも やはり カリッとした服の女性はほとんどいない。

就活中の、白いシャツに黒いタイトスカート、パンプスの女の子が
一番カリッとしていて 魅力的だったりする。

じゃあカリッとした服の女性は
どこに生息しているのか。

たぶん、平日の朝8:30。
東京駅とか新宿駅とかで、
出勤前の足早に歩くきりりとした女性達。

天気のいい休日の銀座。
白いクロス、銀のカトラリーが置かれたテーブルのレストラン。
そこに座る 幸せデート中の女性達。

彼女らが、緊張感を持って選び、丁寧に着ている服。

それらが
カリッとした服。
ということではないだろうか?

頭のてっぺんから つま先まで
気を配った ピリリィとしたファッション。

pexels-photo-314635

カリッとした服 具体例

具体例をあげると

きちんとアイロンがかかった、
ウエストがゴムじゃない細身の膝丈か膝下長めのタイトスカート。

すっきりした細め5cmヒールのパンプス。

素材のいいシルクのブラウスか パリッとしたシャツ。

白か紺の仕立てのいいジャケット。

丁寧に 手入れされた髪に
小さいけれど ジャンクじゃない本物のジュエリー。

なんとなく 私がイメージする
カリッとした服、カリッとしたファッションってそういう感じ。

逆に

今流行りの テロンテロンのガウチョパンツとか
穴のあいたデニムに コンバースとか
引きずりそうな長さのカラフルフレアスカートにユニクロTシャツとか
長いレーシーなカーディガンにワイドデニムとか。

そういう 流行っていてオシャレ💛だけど、
みんながインスタグラムでアップするような
トレンドど真ん中のプチプラコーデではなく

カリッとして

男性が思わず

おおおおおおぅぅ って

チラチラ目が行ってしまう

そんな 端正な ファッション。

それが カリッとした服、なんじゃないかと。

カリッとした服を着なくなった女性達

pexels-photo-265036

カリッとした服。

それって 私、 絶対 忘れている。

そう思った。

「もう男受けする、しないなんて一切気にせず服を選べるようになったのが
50代になって良かったこと」

と友人も言うし、私もそう思っているが

ひょっとして、大事なこと置き忘れているような気がする。

カリッとしているな と異性から 思われる女性。

それって素直に何だかいいな。と思ったのだ。

服選びの一つ指標の一つとして
今一度 再考すべき指標なのではと。

そろそろ 何かを見直す時期に来ている。

そんな気がする。

秋はカリッとした服、着てみよう!

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る