50代のダメージデニムはイタイ??

gahag-0053862778-1

昨日、たまたま とある方のブログ
(ファッションブログではなく、日々の出来事日記ブログ)
を偶然発見拝見していた。面白く的を得た内容が多く、感動して読み進んでいると、

穴が開いているジーパンを履いている女性(若くない)を見て

「ころんだのか 事故にでも合われたのか?? と最初驚いた、
よく見ているうちにこれが いわゆる”ダメージデニム”なのだと
理解するまでに数分かかった」

要約すると上記のような内容があり、 思わず 冷汗が出た。

昨今、インスタグラムを見ていても、
海外のファッションブロガー様はもう かっこよすぎ!!という感じで
ゴージャスに膝にぱっくり穴のあいたボロボロデニムを 日々履きこなしていらっしゃる。
見ていてうっとりするくらいカッコいい。

私もこういうデニム買いたいなあ・・・と思いつく。

だが、私は待てよと 立ち止まる。

それを一般体型の一般庶民の私が真似するのは よおおおく考えた方がいい。
下手すると以下のような危険をはらむ。

50代がダメージデニムをはくと

■本当に貧乏に見える(汗)

■(前述のブログのように)
まあ、ころんだの? 事故にあったのかしら? と人様から心配される

■ああ、最新の流行ファッションを自分で試すのに
熱心なオバサンなんだな と思われる

この3つに90%当てはまる危険ありあり。
私ももちろん どっぷり その中に入る。。。涙

ということに気づいたのである。

14596761_355775648094306_5417861090807644160_n

↑ 私が唯一持っているZARAのダメージデニム。
ちょっと 加工がしている程度で ぱっくり膝が開いていたり、
ボロボロというわけではない。これが限界かなと思っている。

いやいや、日本の40代50代のファッション雑誌には
オシャレなダメージデニムをカッコよく履きこなすモデルさんや
もしくは読者モデルさんが大勢いらっしゃる。

それを見て、私も。。。という気持ちは誰だって湧きおこる。

でも私はここでも冷静になる。

代官山や青山で時々、

「あ、あの人雑誌でよく見るモデルさんだ。。」と気付くことがある。

何故気付くかというと、100m先でも 明らかに周りの人と違うから。

顔がちっちゃくて 手足が長ーーーくて。 腰の位置が高い。
すれ違った時にチラ見しても 髪とかメチャクチャ綺麗!

雑誌で見ていると全員そうだから 気付かないが、
街中でみると 明らかに違うのだ。

そうか・・・こういう方が着るから
服は何でもカッコいいんだなあ、たとえボロボロのデニムでも・・

と妙に納得する私なのである。

pexels-photo-26067

激しい ダメージデニム

家の中や近所で着るには自由だが、
電車に乗って繁華街や、ましては洒落たレストランなどに着ていくのは
いい大人になったら、ちょっと冷静になったほうがいい。。
いくら流行っているといえども。

そう考えた。

さらに 謎なのが、
裾がわざとボロボロで それがとても丈が長くて、
地下鉄のホームの床を引きずり、
ホーム掃除 に一役買っていらっしゃる方を見かける時。

何故? 丈を直さないのか? 最初からボロボロのデザインなのか?

それとも引きずっているうちに 自然とボロボロにほつれていったのか?

と謎は深まるばかり。。。。

これは若いカワユイお嬢さんでも
40代でも50代でも同様に賛同できない。

だって不衛生。

私の友人は、新しいデニムを買って丈を直した時に
スグサマ 家で裾を金づちでたたいて 傷をつけるという。
裾が綺麗なのはいかにも新品ぽくってダサイから、というのが理由。

いやはや・・・
私の理解の圏外で デニムというのは難しいお作法があるようだ。

本当のオシャレなジーニストは、ウォッシュ加減にこだわるゆえに
絶対洗濯機で水洗いなどしないというし、

本当にデニムは 究極難しいアイテムなのだと思う。

かっこよく着こなせらたら最強。
でもどうやら 私には 無理そうだ。

ウサイン・ボルトより早く100mを走るのと同じくらい無理。(←スゴイ無理(笑))

よって 激しいダメージデニムには手を出さず。

・・・でも正直白状すると、
ちょっと 着てみたいなあ と思う気持ちも少ししぶとく残る。

一人休日の時に。 家の中でごろつく時に。
自己満足でやってみようか。
家族に見られないようにコソコソと・・・(笑)

それもファッションの楽しみ方の一つだと思うのである。

ブログランキング
↓ポチポチ応援お願いちゅう↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る