白のジャケット+レースブラウス いつかのコーデ

スポンサー リンク
ビックバナー

Instagram Image

16583372_1887946918092313_7710944121552109568_n

先日の服。

家族のお祝いごとで ★星付の立派なフレンチレストランに
行った日のコーデ。

白のジャケット:TOMORROWLAND

ピンクのレースTOPS:アンシュマンミニョン

人工スエードのフレアスカート:アルヴァイル

エンジのパンプス:23区

レストランの空間がかなりフォーマルゴージャスなため、
ジャケット着用にした。

が、フツーのテーラードでは 「仕事帰りですか??」になるので
ノーカラーの白いジャケットを。
TOMORROWLANDはこの手のジャケット作りが秀逸。

ノーカラーのジャケットって本当に便利である。

仕事でももちろん使えるし、
こんな感じでレースなどの華やかインナーを入れれば
結婚式にもOKなくらい。
レストランのスタッフの方にも間違いなく好印象。(多分)

16123217_831964150277476_1212258118478594048_n

アクセサリー:

ピンクの淡水パールのネックレス: 昔プランタンで買ったもの
指輪:  ヴァンドーム青山で 昔買ったもの
革の巻き巻きブレスレット:  FENDI

50代になって何故か
ピンクを身に着けることに抵抗感が薄れた。

多分30代40代で全開になる 女くささ
50代になると その存在をひそめ、
それをファッションで補填することができるようになったからだと思う。

やったー♪(笑)

40代以上の読者様なら同感してくださるのではと思うが、

女くささの 取り扱いって意外と厄介。

まだ若い頃、

年老いて それが薄まっていくことは
悲しい事だと、暗たんとした気持ちになっていたが、

実際自分が年を重ねると

何だか ファッションが自由になる!!!
自分の匙加減で 女くささなんて どうにでも演出コントロール出来る!!

と気付き、めちゃくちゃ 楽しくなった。

家族と出かけるときは
家族がギョッとしないように やや優し気な感じにコーデ。
イメージはウエンディのママで。

16464146_227860390954323_2576113799228555264_n

バッグ:FENDI

星付レストランに大きいカバンを持っていくのはダサイと思い
小さめカバンで。

全体的に やや つまんない感じがしたので
脚は きわどい 柄物網タイツで。

16464545_271689489910667_2182811678154948608_n

★おまけ

レストランの有名人気お料理。
フォアグラのキャベツ包み。

16585708_1639014262780599_6319892579034857472_n

16584059_259206717840169_2286262352095477760_n

おいしゅうございました。。。。ご馳走様でした。

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る