バーバリーのコート 今日の服

スポンサー リンク
ビックバナー

15802279_241213292972408_5597391282126192640_n

15875907_1704387736518539_4282460720601235456_n

今日の服。

ステンカラーコート:バーバリー

ブルーニット:  7-1dコンセプト

スカーフ:エルメス

白のウールパンツ;  nolleys

ブーツ;MEDAモードエジャコモ

ブルー指輪:ブランド 不明 ルミネで購入

今日のこちらのステンカラーコート。

義母のおさがり。

義母が17年前にロンドンに旅行した際に買ったコートだとのこと。

15876700_302726346790712_1555216956485795840_n

「もう私も年で ダウンなど軽いものしか着ないから・・
霧香さんにあげるわ」

と義母が譲ってくれたのである。感謝。

綺麗好きで几帳面な義母らしく、とても丁寧に手入れしてあり、
17年ものとは思えないお品。

そして さすがバーバリー。生地も縫製もしっかりしてる。
長く続くものってやはり理由があるのだなと思った。

ステンカラーコートは、トレンチと違って、袖がラグランというゆとりのある袖で、
中に厚めのジャケットを着ても楽ちん。

15802908_1781514418840211_4168433453471105024_n

ジャケット:TOMORROWLAND

今日は例のクルミボタンのジャケットを中に着用。(寒かったので厚着・・)

ステンカラーは基本男性の外套だった由来から、
スーツを着てもゴワゴワもたつかないように出来ているのだろう。

写真の通り、ベルトも付いていて、
ギュッとウエスト絞って ふんわり女性らしく着ることもできる。

15803326_156141201540407_3228499200979238912_n-473x473

私は最近とみに思う。

とっかえひっかえ 新しい服を買い、
最新流行のそのシーズンのものを身に着けることも
気持ちが良くて好きだけれど

こうして 古いもの、理由があって残ってきたものを
大切に着ることもそれ以上に心暖まる。

「その人の着ている服すべてが、今 ナウ 街中で売られていて、
同じものがすぐ手に入る。」

というのは 何だか寂しい。最近そう感じる。

インテリアもそうなのだが、
全てが新しいものって つまらない。

何かどこかに 古いストーリーのあるものを取り入れる。

それが 長く生きてきた
大人の女というものではないのか。。。?

そんなこと思う おさがりのバーバリーのコートを着た朝。

ファッションブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る