50代が服を選ぶ時に大切な  時代の” it ”とは

スポンサー リンク
ビックバナー

今日の服。

スカート:  トゥモローランド
靴:    モードエジャコモ Carino
かばん:   ADMJ

こういう ややグレーがかかった薄いブルー色は 好きな色。

TOPS: LOUNGE DRESS

グレーの3連パール大活躍~

この   Lounge dress というブランドも
今私が注目している大好きなブランド。

表参道店や 恵比寿アトレ店などでよくチェックしている。
とても 旬な服がすぐに見つかる。

オシャレ女子が いつも店内にわんさかいるショップ。

コンサバでもなく、カジュアルでもなく、ギャルでもガーリーでもなく。
シンプルでトラッドベースのような感じもするが、
一つ一つのアイテムが さりげなく流行の流れを飲み込んでいて、明らかにフレッシュな服達なのだ。

⇒   ラウンジドレスの公式通販ありました

ブランドコンセプトのページに

 時代の it を感じ それをいかに自分流に着こなすか・・・・

という記述があった。 納得。

確かに。

時代の it を感じる。 それをきちんと逃さないっていうこと。

これ、 50代のオシャレにはとても大事なことかもしれない。

今、東京の街を歩いていると 明らかに わかるのだが、
この時代のit

きちんと自分の中に絶えず入れて 消化している女性と

OR

全く取り入れてない女性

とに はっきり わかれる。

後者は 20代 ・ 30代の頃の ファッション軸で 止まったままの人。

高価な服を着ていても エルメス・シャネルを腕に持っていても
この ’it’ がないと とても古臭く見えてしまう危険があるのだ。

・・・・・・・・と偉そうに語る私だが、
娘からはいつも

「ママのファッション 昭和っぽい」

と言われる。
平成生まれの彼女には 私の中に 消し去ることのできない 時代の古さが流れるのを感じるようだ。
時代の it。

その目に見えない 何かを きちんと受信すること。
それらで 自分を絶えずアップデート(更新)していくこと。

それが50代女性の くすまない 大切なポイントなのだと思う。

★あと20年後、娘に娘が生まれたら(私の孫ね)
孫は 私の娘に向かって  「ママのファッション、平成っぽい」 と言うんだろうな・・・(笑)


★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る