レース袖の白いニットとフレアスカートの甘口コーデ

スポンサー リンク
ビックバナー

DSC_0865 (1)  DSC_0871

白いレース袖のニット: allureville

ブルーのフレアスカート:マルティニーク

グレーのバレエシューズ

クラッチバッグ:PELLICO

本日、甘口コーデ。

このマルティニークのスカートは生地に張りがあり、
かなりふんわり ロマンティック(←??)なスカート。

素直に甘くコーディネートするのがしっくりくる。

袖がレースのニットは コンパクトなので、
ふんわりフレアスカートと相性良し。

この日は、足元に一工夫。

普通のパンプスじゃつまらなかったので、
派手な柄レースのタイツに
パテント素材のバレエシューズで。

素足にサンダルが履けるようになれば、
足元はもっとバリエーションつけられるかも。

アクセサリーも甘く。

DSC_0869

★おまけ★

ダイニングチェアを2脚、
椅子生地の張替えを行った。

DSC_0895

もう7年ぐらい前に 自由が丘のIDEE  で買ったチェアは、
子どもたちが飛び跳ねたりして使ったせいか、
中のウレタンやゴムも弱って悲惨な状態だった。

アートファニチャーという椅子の張替え専門の業者様が
直して中のウレタンも追加して、綺麗に張替えしてくださり。

うーーん。 座り心地も良くなり、
全く違う椅子によみがえった。感動!

張り地も沢山の中から選べるが、
私が選んだのがこの生地。↓↓

DSC_0911

マカロンみたいで カワイイ!
生地サンプルで見ていた時より、
仕上がりの方が俄然良くなった。

こういう茶色ベースの柄物は、
汚れが目立たないという利点あり。

ダイニングチェアはあと4脚あるが、
このマカロン模様の中の1色、
無地のピスタチオグリーン色に張り替える予定。

6脚とも同じ色柄だとつまらないから。

家具は 買い替えずに こうして
直したりして、長ーーく使う派。
(ちなみにお布団も打ち直してずっと使う派)

生地を張り替えると、
世界に1つ(2脚?)しかない オリジナルな家具が手に入る。
それも家具のリフォームが好きな理由。

大量生産じゃないものって いいな・・・

ファッションブログ村
★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る