革ジャンとファーとヒョウ柄のコーデ

スポンサー リンク
ビックバナー

DSC_8587 DSC_8593

革のジャケット:代官山アドレスで昔購入 ブランド不明

中のタートルリブニット:fifth

ヒョウ柄ジャガードスカート:L’hotel

こげ茶スエードのハイヒール:carino モードエジャコモ

手袋:tomorrowland

カバン:ADMJ

今日はヒョウ柄+ファー+革ジャンという、なんとも 濃くて 重いコーデ。

よって ノーアクセサリで。

こういう 何かを沢山背負ったような?コーデ、
最近になって逆に似合うようになった気がする。

「年を取るごとに、引き算して シンプルに、軽くなりましょう」

というキャッチフレーズをよく見かける。

私も「そーだそーだ その通りだ」と思っていた。

ところが、実際、自分が50過ぎて
どんどん日増しに容赦なく、 60代に向かって歩き始めると

何もない

何かをはぎ取り 一枚で勝負する

どんどん脱いでいく(←?)

というのが

物凄く 老け込み、カスミ、サビチクなり、所帯じみる

と感じるようになった。

Tシャツ一枚にスキニーデニムで輝くのは20代まで。

すっぴんに ストレートロングヘアを垂らして 女らしいのは30代まで。

シンプルなニットにパンツだけで 輝く空気をまとえるのは40代まで。

それを 嘆くのではなく、しっかりと受け入れて
それに何をプラスするか。

そのさじ加減、かじ取りが 50代になると必要だと思うことが増えた。

盛り過ぎると 威圧感がでる。
盛らないと 寂しくなる。

この狭間。

何を足し、何を引くか。

何を招き入れ、何を捨てるか。

人生もファッションも 考え方は同じだ。

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る