甘辛コーデを真剣に考える日のコーデ

IMG_0859

IMG_0912

シルクのブラウス:J&M DAVIDSON GILTで
ストライプのスカート:STORY NINE

バッグ:ADMJ
レースアップ厚底ブーツ:creemaで

creemaで買ったこのブーツが暖かくて履きやすく、そして何より今の空気に合っている感じがして、激しく気に入る。

先日はブラックスキニーデニムで。王道コーデだった。

IMG_0814

今日は甘いコーデに合わせることにする。

甘い+ゴツイ(辛口)のMIXコーデ

取得推奨の単位科目。これが出来るようになると、コーデのバリエーションは2次関数的に増える。

甘ーーいだけの服を着るのはもうキツイ。かといってシンプルで辛口服ばかり着ていると、なんとなく本当にオッサンになっていくような気がして妙に焦る。(*´Д`)

甘辛コーデはそこんとこ、その時の自分の「女っぽさの血糖値」のようなもの調整することが出来るのである。

甘い服が一番似合わなかったのは30代と40代前半だったと振り返る。あの頃長い巻髪に白T+黒い服のキリっとシンプルな服が一番しっくりきた。それは一番いわゆる女性としてのホルモン?ぽさ?が逆に出ていたからだと思う。

その時の自分と今の自分は違う。明らかに違う。それをシビアに自覚することがオシャレとワードローブを変えるきっかけになる。と思っている。

このストライプスカートは黒×白ではなく、「黒×アイボリー色」なのだと気づいてシャンパンゴールド色のシルクのブラウスと合わせることにした。

IMG_0851

色合わせ、ピッタシ。

IMG_0869

ボウタイのシルクブラウスが甘いので、アウターは革ジャンで。バッグはファーで甘さをぶり返し。

足元はミッキーマウスのようなぽってりしたゴツさ。

IMG_0898

アクセサリーはパールのピアスで甘さを追加。

IMG_0843

全体。

IMG_0882

革ジャンが辛口度高いので、辛口よりになりすぎたかな。(自己PDCA)アウターはもっとウールの優し気な物の方が良かったな。

まとめると

シルクのボウタイブラウス:甘い
パールピアス:甘い
フレアスカート:甘い
ファーバッグ:甘い
革ライダース:辛い
レースアップ厚底ブーツ:辛い

と言う掛け合わせ。

そして、甘い、辛いって

・素材感
・色
・デザイン形

の組み合わせであっという間にぶれる。変化する。

理屈とごたく並べると複雑に聞こえるけど、要するに「今の自分の心に一番しっくりくるコーデを着ればいい」ということONLY。話は単純。

自分で自分を幸せにする旅を。今日も続けましょ。

IMG_0909

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう↓


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る