小学校の同窓会でいいなと思った彼女

また 同窓会に出席した。

今度は小学校の同窓会である。

高校の同窓会は高級ホテルのバンケットルームだったが、
小学校の同窓会は 地元の小さないわゆる公民館、といった感じの場所である。

が、 着ていく服は 同じにした。
なぜなら めんどくさかったからである。 (笑)

98ccc13873d04fd3786da45350de05f1

ボルジーのワンピースに サンダル。

小学校の同窓会って、なんていうか
もう 幼いころの記憶をたどる一種の旅行であり、
そこには ずっと記憶の奥底に閉じ込められた 何かがふわっと出てきて
不思議な感覚を味わったのである。

まだ 恋とか愛とか嫉妬とか モメゴトがなかった
すがすがしい清らかな自分との再会があった。
(私にも一応可愛い小学生だった時代があるのですよ。。。当たり前か)

姿かたちは それこそ またまた

「・・・・誰??」

っていうくらい 変わっている人多かったが(笑)
三つ子の魂なんとやらで

性格とかキャラクターは恐ろしく変わっておらず、
人間って 生まれ持ったものは 大きいんだなあと思った。

小学校の時から ちょっと意地悪だな と思っていた女子は
今でも ちょっと意地悪なオーラを出していた。
君子危うきに近寄らず。。。。

さて ファッション。

同窓会に着る服について 考察していた私だが
やはりここでも いろんなファッションを身に着けている女子に遭遇し、、
大変興味深かった。

この小学校の同窓会、という ドレスコードがない難しいイベント。

何を着るか??で

その人の

今ナウ人生の状態や 
価値観や 
オシャレへの取り組み方 
女としての意識の在り方 
経済状況
精神状態

などが すべて凝縮されて現れてしまう。
意識するしないにかかわらず。

やっぱりいた。
黒の肌が透けるレースの しかも背中がぱっくり空いた、
セクシーダイナマイトなワンピースをお召の方。

なぜなのか?敢えてなのか?
フツーのGパンとTシャツの方。(決してデニムではない。Gパンという感じ)

あとは割と無難なブラウスとスカート、ワンピース という感じの方が多かった。

あ、いいなと思った彼女は

ふんわりとした、ややくすんだコーラルピンクのシルクのブラウスに
ふんわりした白のワイドパンツ。
品よくジュエリーをつけていて、髪もとても手入れが行き届き、綺麗だった。
余裕のある暮らしがうかがえた。

もう一人いいなと思った彼女は

カットソー素材の優しい感じの真っ白なトップスに
ふんわりした長めの紺のスカートで 髪を綺麗に編み込みアップにしてた。

とてもさわやかで
50歳にして 清潔感と透明感のある女性を 久しぶりに見た、という感じがした。

二人に共通するのは
髪に手間暇かかっている、ということ。

富裕層相手の仕事をしている友人が
以前言っていたのを思い出した。

「お金持ちの余裕ある暮らしをしているマダムの共通点はね、
例外なく 髪に手間暇 お金がかかっている、ということよ」

ブランド品や 高そうな宝石を身に着けていなくとも
60歳でも70歳でも そういう人たちは
髪が整えられ、艶やかできちんとしているのだそう。

なるほど。

服のことばかり気を取られていて、
髪はあまり気にしていなかったな。
しくじった。(笑)

確かに髪が綺麗だと 絶対に 女って 綺麗に見える。
特に50過ぎると。

いい暮らしをしているんだろうな、余裕があるんだろうな、と想像させる力がある。
シャネルやバーキンを持つよりもはるかに。

シニカルなファッションチェックもほどほどに
あとは10歳の私に返って 思い出話に花が咲き。
とにかく楽しい同窓会だった。

お里が知れている仲間との交流は
なんの見栄も張らなくていいし、素になれた。

人の魂って 本当に 変わらないんだな。 

そんなことを確信。
着ているものや うわべの化粧なんかなんの意味も持たない。
魂は変わらないのだから。

そう思いながら その晩 早速 髪を念入りにトリートメントする
相変わらず矛盾に満ちた私であった。。(笑)

50代の女性の 同窓会ファッションお勧めは?
絶対やめといた方がいい●●とは?

↓↓50代の 同窓会ファッションについて語った記事もどうぞ↓↓

女は同窓会に何を着ていくべきか? 50代
50代は 同窓会ラッシュである。 「50過ぎると急に増えるわよ」 って 諸先輩方から聞いていた。確かに。 ...
ファッションブログ村
クリック応援 お願い中 →→ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
スポンサー リンク
レクタングル大
トップへ戻る