デニムシャツのコーデ と その他いろいろ 思う事

スポンサー リンク
ビックバナー

DSC_3311

デニムシャツ:YANUK

カーキのカットワークレースのスカート ドゥアルシーヴ

スエード パンプス:ノーブランド

こちらの カットワークレースの スカート

ドゥアルシーブ(←公式サイトリンクはりました)という ブランド。

サイトをご覧になるとわかる通り、
可愛い感じの若いお嬢さん向けのブランド。

有楽町ルミネで いろいろお店を見て回っていた時に、偶然入ったお店で、
上品でフレンチっぽい感じが気に入り、
お値段も抑えめで気に入り(笑) ニットを衝動買いしたのがきっかけ。

時々トレンド性の強いものや、
ワンシーズン限りと思われる 白いニットなどを購入。

実は 服を買うのに
そのブランドのターゲットが

どの年齢層をターゲットにしているか? 

ほとんど気に掛けない 私。(それがいいか悪いかはわからないが)

そもそも

ミセス向け

という枕詞がブランドについた?瞬間、何だかげんなりしたりする。

そもそも

いわゆる デパートの

「ミセスフロア」

「ヤングフロア」

「キャリアフロア」

という 前時代的な?
カテゴリー分けされた売り場が
とっても窮屈に感じる私。

余計なお世話よっつうう!!

と心でつぶやいたりする。

50代はヤングフロアを歩いちゃいけないの?

結婚していないとミセスフロアで買えないの?

バリバリ働いていないとキャリアフロアの服は着ちゃいけないの?

なんて 思ったりするわけで。

何事も 世の中

ボーダーレスの時代。

シームレスの時代。

多様性を受け入れる時代。

50代だけど 甘い可愛い服が似合う人もいる。

専業主婦だけどキリリとしたジャケットを着るのが好きな人もいる。

若いけど うんとエレガントなゴージャスな服が好きな人もいるだろう。

もうファッション雑誌だって
「50代だけど 50代向けを絶対に読まない」、という友人もいる。

ダイバーシティ(多様性)の波、ファッションにも押し寄せる。。ということか?

「無理して若作りする」

ということではなく、

商業施設や 雑誌やマスコミや 流通のしばりに
自分を押し込みはめることなく

ずっと ファッション魂はフリーでいようと思うわけで。

自分の直観を信じて選んで

「自分に似合うもの、着ていて気持ちのいいもの」

それを 基準に 服を見つけて買っていこうと思う。

何を着ていいかわからない

という気持ち、
30代、40代、50代のそれぞれの節目でぶち当たることが多いが、

自分の中にある 垣根や縛りや窮屈な殻を 取り払い
自由な気持ちで服を見たり試してみることを
とにかく あきらめず繰り返す。

それが結局 王道で近道なのかもしれない、と思う私。

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る