古着のブラウスのコーデ

IMG_4798 IMG_4802

ブラウス:mitti(古着)
黒のシフォンスカート:アンシュヌマンミニョン
靴:オディットエオディール
バッグ:Chloé

本日、ちょっと私にしては珍しい感じのブラウス。
襟元のフリルと、ふんわりしたちょうちん袖(←古い言い方)が
なんとも昭和な香りぷんぷんのブラウス。

それもそのはず、こちらのブラウスは下北沢の古着屋さんKINJIで1900円でGET!

DSC_7062

仕事で下北沢に行ったとき、早く終わって時間が空いたので、
KINJIに突撃! パッと目についた服を数点試着し、3点お買い上げ。

3点で 合計6500円だった。( ゚Д゚)  やすぅ

古着の楽しいところ。

・とにかく安い!1000円からワンピースでも3000円ぐらい
・巷の洋服屋さんでは見ないデザインのものが見つかって楽しい
・人と絶対かぶらない(そりやそーだ)
・新しい自分を発見できる
・とにかく宝探し気分。一種のレジャーだ

コツは、「悩まない事」(笑)。直観でピックアップして、とにかく着てみる。意外なものが似合う。新しい発見だ。今回も試着時間含め、滞在時間は20分だった。

古着屋詣では 精神的にも浄化作用がある

なんていうか、さんざん東京中のデパートやこじゃれたセレクトショップ、ハイブランドのブティックなどをぐるぐる見て回っていると、

「今期の 最新の 綺麗な 整えられた しんぽぅーな 洗練極まりない お洋服たち」

というのに食傷気味になることがある。

シンプルで、着回しが効いて、お上品で旬のデザインで・・・

というのに飽き飽きすることがある。

そんな時、古着屋詣では効く。ものすごく即効性がある。

古着屋といってもHermèsやセリーヌの古着が売られているようないわゆるヴィンテージショップではダメ。全くもってつまらないのだ。

DSC_7063 (1)

このごちゃっとした、何が置いてあるのかわからない空間。
ガラクタなのか、掘り出し物なのかわからないモノの山。

そこから自分に似合う新しい1着を探すのが楽しい。
去年年末のKINJIで買った古着ワンピース。
ブルーの方は母の方が似合ったのであげてしまった。

DSC_7101 (1)

今日の足元。

IMG_4805

クラシカルな雰囲気のブラウスに合わせてきちんとパンプスを。
Chloéのバッグはこういうコーデにぴったりだ。

アクセサリー。

IMG_4796

結局ね、

50代になると、

洋服に望むものって

「新しい自分になりたい」

「自分を刷新したい」

「新鮮な気分を味わいたい」

「何かトキメク物に出会いたい」

「とにかく退屈したくない」

ってことだと思うんですよ・・・

そんな時、やっぱり シンプルな定番服ばかり着まわしていると、もう煮詰まるわけですよ・・・

住むところも、仕事も 職場も オットも(←シーっ)簡単には変えられない。

でも服と靴は変えられる。毎日でも。

そこに日々のファッションの楽しみはあるのだ。

これからも 新しい自分、発掘していこう!

ブログランキング
↓ポチポチ 応援お願いちゅう~↓

50代ファッションランキング


SNSでシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る