もう服は買わない? その理由とは?

スポンサー リンク
ビックバナー

先日の記事で

「何を着ていいかわからない」

という 検索のお言葉で当ブログに
ご訪問頂いている方がいらっしゃる、というお話をさせて頂いた。

が、実は

「もう 服は買わない」

という検索のお言葉で ご訪問頂いている方もいらしゃる、
という 衝撃の事実が判明!! (← 大げさ)

GOOGLEや YAHOOの 検索ワード入力の あの白い四角い空欄に

もう 服は 買わない

と入力されている方の その時のお気持ちはどんなだろう?
と 妄想してしまった。

そして それで 検索ヒットして出てきたのが
こちらの愚ブログ・・・・・汗 汗

この 物欲まみれの、着道楽に翻弄される中年女の失言、恥さらしの画像の数々。。。。

それを見た時のその方の お気持ち・・・たるや・・・ああ
もう 何だか申し訳なくて
お詫び申し上げたい次第である。。。。

fb94f67e09006567b03cb8f30136e505_s

「もう服は買わない」
と入力した時のその方のお気持ちと事情はいくばくか?
考えてみた。

① 最近はやりの、そして私も憧れている ミニマリスト志向の方

もう服を買うのを止めて、今ある手持ちの物も段捨離して
すっきりしたい。だから「もう服は買わない。」という方。

② 何らかの事情で 買えない方。

やんごとなき身分の方と結婚が決まったとか、(着る服は支給されるのかな?)
裸族になると決めたとか・・・・

そんな人、ネットで ぐぐらないって(笑)

③買いすぎて大量に服があり、買わない宣言をしている方。

先日TVで拝見したが、APAホテルの社長様のように
ストッキングを一気に100足お買い物されてご主人様からSTOPされたとか。

お洋服を買い続け、もう毎日違うものを着ても一生着るものに困らない、
と気付いて「もう服は買わなくてもいいわね、」という思いの方。

いろいろな事情があるかと思うが、

多分 のパターンの方が多いのではと推測される。

服を減らしてもアップデートは必要

実は ここに ひそかな 落とし穴 があるのでは??と私は思っている。

ミニマリストになって最小限のワードローブにすれば
手持ちの服で着まわしていけば
(下着や靴下以外は)
もう一生「服を買わないで済む」 のでは?という考え。

私はこれは無理なのではないかと 思っている。

ミニマリストになれない私が 偉そうに そんなこというのも
どうかと思うが(笑)

想像するだけで 無理だと思う。

肌は自動でターンオーバーするが 服はしない

何故なら

人間の肌はほおっておいても 新しい細胞が奥から生まれ変わり
古い角質は 剥がれ落ちていく。
肌のターンオーバーは 自然と自動で 無料で(←??) 行われる。

しかし

ワードローブのターンオーバー は 手動なのである。

自分で古い服を捨てて、新しい服を買って入社させないと
ワードローブのターンオーバーは滞ってしまう。

滞ってしまうと、
くすみが絶対出てきて
ひどくゴワゴワし、
老化したシワシワたるみな状態になってしまうことが考えられる。

そう、

持っている服の種類と数は同じでも
そこにや健やかな目に見えないアップデートと
淀みないターンオーバーが行われるべきなのである。

「いつも同じ恰好なのに、何故かオシャレな人」

っていますよね?

実はそういう方は、
上記のターンオーバーを人知れず、
たゆまなく行っている方・・・だと思うのだ。

B60BX1Z63M

ボーダーTシャツ、デニム、パーカー、 白いスニーカー。

それらは実はいつも似たようなアイテムだけれど

ちゃんと何らかのサイクルでシーズン初めに
新しい流行の形やシルエットで新品に入れ替えされており、

その新しい空気がその人に

「なんだか いつも 古臭さがなくて 垢ぬけている」

という空気をもたらすのではないかと思う。

この逆で
たくさーーーん 服を持っていても
アップデートされていないと
どうしても古さがまとわりついてしまうのだ。
(・・・私のブーツカットのデニムもそろそろ捨てよう(苦笑))

closet-1209917__480

一生ものはない

洋服というのは どんなものでも「一生もの」はないと思っている私。

着物やカバン、時計、宝石、ならばあるかもしれない。

でも洋服は
一生ずっと着続けられるものは そうそうはない。

人は着るものと寄り添いながら人生を歩き、
適宜 そのメンバーを入れ替えながら歩いていく。

それは 悪い事でも残念なことでもない。
罪悪感を感じることは全くない。

人生の一時期確かに 共に戦ってきた服があり、
お疲れさまと ねぎらい 新旧交代する。

「もう服は買わない」

は無理でも

「これからも服は買う、前を向いて歩くために 厳選して」

という考え方でいいのでは?と思うのだ。

・・・何だか 服を買うための 苦しい言い訳という
感じがしてきた。(笑)

私の義父はいつも ありがたい事を言う。

「霧香さん、女の人はとにかく毎年新しい服を着なきゃダメだよ!
そのために男は昔から 必死に 働いてきたんだからね!」

ありがとうお義父さん!

かろうじて 自分の稼ぎで服は買っていますが(笑)
そのお言葉、ありがたく頂戴して

今年も沢山服を買わせていただきます!

★皆様のファッションブログ楽しく拝見★
にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ
にほんブログ村
スポンサー リンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス関連コンテンツ
トップへ戻る